トレンド・ライフスタイル

ひと足先に春気分♪デニム選びのポイントは"レトロ感"

ひと足先に春気分♪デニム選びのポイントは"レトロ感"

今年は、70年代ブームに乗ってデニムが大復活! 70年代にボヘミアンかつフェミニンなスタイルで一躍ファッションアイコンとなったのが、アリ・マッグローやジェーン・バーキンでした。そんな彼女たちが普段から愛用していたのがデニム。
というわけで、2015年のデニムスタイルは"レトロ"な雰囲気がカギになりそうです。
それでは、今から春を先取りできる、おすすめデニムをご紹介します!

デニムパンツのシルエットは、断然フレアが新鮮!

左 ルイ・ヴィトン / 右 トミー ヒルフィガー

70年代のデニムといえば、裾広がりのフレアシルエットが定番でした。その流れが2015年春夏のトレンドにもやってきたわけですが、今シーズンのポイントは2つあります。

ひとつは、オフィスにも着ていけるようなキレイめのデニムをチョイスする、ということ。
70年代のどこか懐かしいヴィンテージ感は残しつつ、

  • センターに折り目が入っている
  • ダメージ加工がされていない

など、大人の女性がスマートに着こなせるデニムがマストです。

もうひとつは、とことん遊び心を取り入れたヒッピー風のデニム。
古着屋で見かけそうな大胆なパッチワークが施されたデニムなどは、個性をアピールしたい人にうってつけ。さらに、フレアはトレンドだけでなく脚を長く見せてくれる効果もバツグン! トップスは丈の短いものを選べば、さらにスタイルアップが期待できます。

デニムワンピは、凝ったディテールや品の良さを重視

左 グッチ / 右 ボッテガ・ヴェネタ

昨年は、ダンガリーシャツにデニムのパンツ、といった上下同素材のセットアップがファッショニスタの間で流行しましたが、一枚でさまになるデニムワンピなら初心者でもトライしやすいはず。しかも、今シーズンはレースアップや刺繍など、凝ったディテールのものが多く、新鮮な雰囲気。デニムと相性の良いレザーやスエード素材をベルトやバッグ、靴などの小物に投入すると、カジュアルすぎず洗練されたスタイルになります。デニム自体は霜降りの風合いのある、シャンブレーのような色合いや、ノンウォッシュで大人っぽく品のあるものがオススメです。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。