トレンド・ライフスタイル

睡眠美容は夕飯から!眠りの質をアップする食べ物はコレ

睡眠美容は夕飯から!眠りの質をアップする食べ物はコレ

ぐっすり眠ると身体の疲れが取れ、肌の調子もよくなるのは、よく知られた話。でも、よい眠りのためには、夜の食事がとても大事、という話は知っていますか? 今回は、睡眠美容の効果をもっともっとアップするための夕飯のとり方をご紹介します。

眠りの質を上げてくれるのは「たんぱく質」!

夜に食べると、睡眠の質を上げてくれるもの、それはズバリたんぱく質です。
たんぱく質に含まれるトリプトファンという物質は、メラトニンという睡眠物質の分泌を促してくれるのです。トリプトファンが多く含まれるのは、良質なたんぱく質。具体的には、豆腐や納豆などの大豆食品、牛乳やチーズなどの乳製品、肉・魚類などです。

また、カルシウムもイライラした気分を抑える鎮静作用があるため、夜にとりたい栄養素。乳製品、大豆製品、海藻、ゴマ、小松菜や春菊などに多く含まれています。

寒~い今の季節、メラトニンの分泌を促す大豆製品やカルシウムを含む野菜を多く使う鍋料理、たとえば豆乳鍋などは夕飯にぴったりです。身体を温めてくれる効果もあるので、作ってみてはいかがでしょうか。

寝る直前に食べると、脳が興奮して眠りが浅くなってしまう

睡眠の質を高めてくれる食べ物を夕飯にとるとき、気をつけなければいけないことがあります。それは、食べる時間。食事と眠りには深い関係があり、満腹の状態でも空腹の状態でも寝付きにくくなってしまうのです。

たとえば、寝る直前に食事をとると、寝ている間も消化が行われ、胃や内臓が活動している状態が続くため眠りの質が浅くなってしまいます。一方、空腹すぎると脳が覚醒してしまい、かえって寝付きにくくなることも。食事は、寝る3時間前までに済ませることが理想です。

夕飯が遅くなったときは、ホットミルクがオススメ!

夕飯の時間が遅くなってしまったり、空腹で眠れず何かお腹に入れたいときは、あっさりとした湯豆腐や温かいスープなどがオススメです。
逆に、消化に時間がかかる脂っこいものや、脳を刺激してしまう味が濃いものや辛いものは避けるようにしましょう。

また、「寝る前にホットミルクを飲むといい」という話を聞いたことはありませんか? 牛乳にはたんぱく質やカルシウムが含まれているため、寝る前にはぴったりの飲み物と言えます。ただし、冷たいままだと身体を冷やしてしまうので、人肌に温めてから飲んでくださいね。

【関連記事】
目指すは眠れる美女?快眠のためのコツはふとんをかける順にあり!
眠れぬ夜は香りを味方に?安眠効果アップのアロマの取り入れ方

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

杉原桃菜

杉原桃菜

東京西川 日本睡眠科学研究所認定スリープマスター

社内では販売員教育などを担当しているほか、全国で眠りに関するセミナーや寝具選びのコンサルティング、快適な睡眠環境づくりのアドバイスを行う。「眠りのレシピ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。