トレンド・ライフスタイル

春の本命ボトムス、「ワイド」「ガウチョ」「フレア」に注目!

春の本命ボトムス、「ワイド」「ガウチョ」「フレア」に注目!

この春は、秋冬ファッションで大流行したミモレ丈スカートに変わり、ワイドパンツが本命ボトムスと言われています。"リラックス"がキーワードの春は、ワイドパンツを取り入れると簡単に旬のゆったりコーデが完成します。
今回は、注目のワイドパンツの中から、特にイチオシの3タイプをご紹介します!

美脚効果が高いくるぶし丈のワイドパンツ

左 SONIA RYKIEL / 右 J.CREW

気になる太ももやふくらはぎをカバーしてくれるロング丈のワイドパンツ。でも、フルレングスだとバランスをとるのが難しい、なんて思ってしまうことも。そんな時は、くるぶしがちょうど見えるくらいの丈を選ぶのがベスト。そこに、ヒールのある上品なサンダルやパンプスを合わせれば、適度なヌケ感が生まれ、女らしさもキープできます。気になる部分は全部隠れ、さらに脚長効果もバツグン。最新トレンドとして早速取り入れたいアイテムです。

ネクストヒットはひざ下丈のガウチョパンツ

左 VIVIENNE TAM / 右 JIL SANDER

昨年秋からじわじわと人気が出ていたガウチョパンツは、この春一大ブームを巻き起こしそうな予感。黒やネイビー、ベージュといった定番カラーに加え、春は柄物やパステルカラーなど色のバリエーションも豊富に。ふくらはぎが隠れるくらいのゆったりしたシルエットがポイントですが、春はひざ下あたりの短い丈をアクティブに着こなしてみてはいかがでしょうか? 足もとは靴下&サンダルを合わせれば、トレンドの着こなしもバッチリ。スカートのように履けるので、気軽に今年気分を味わいたい人にオススメです。

トレンドを取り入れるならフレアパンツがマスト

左 EMILIO PUCCI / 右 JUST CAVALLI

"70年代"がトレンドの春は、進化したフレアパンツが旬のアイテムとして注目されています。太もも部分はぴったりと、そして裾に向かって広がっていくデザインで、ウエスト位置も高めのものが多いのでスタイルアップにも効果的です。下に重心があるので、丈の短いトップスを合わせたり、シャツをパンツにインしてバランスをとるのがコツ。70年代当時の雰囲気を取り入れるなら、カラフルな色やサイケな柄に挑戦してみるのもアリ。足もとはヌーディーなサンダルでまとめると、軽さが出て野暮ったくなりません。

スキニーが主流だったボトムスがじわじわとワイドになり、ついにワイドパンツが今シーズンメジャートレンドへと昇格しました。ゆったりリラックスできて、なおかつ体型カバーにもなる、そんな一挙両得のワイドパンツは絶対買い。ぜひチェックしてみてください!

【関連記事】
ひと足先に春気分♪デニム選びのポイントは"レトロ感"

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。