トレンド・ライフスタイル

垂れバストを防ぐ!今日からできる上向きバスト習慣

垂れバストを防ぐ!今日からできる上向きバスト習慣

バストアップも気になるけど、本当に目指したいのは「美バスト」。その条件とも言うべきなのが、「ハリ」と「上向き」。20代後半をすぎると、加齢により脂肪がやわらかくなっていくため、胸の形が崩れたり、垂れやすくなってしまうのです。そこで今回は今すぐできる「上向きバストキープ習慣」をご紹介します。

はみ肉はこまめに収納しよう!

ブラジャーの脇にぷにっとお肉が乗っていることはありませんか? 実はそれ、昔はバストだったお肉。胸の脂肪はやわらかいため、背中側に流れてしまいがちです。しかし流れやすいということは、元に戻すことも可能ということ。はみだしたお肉は、「トイレに入ったら寄せる」などと習慣づけ、こまめにブラに戻してふっくらバストを目指しましょう。

ストレッチで日頃の前傾姿勢を改善!

デスクワークやスマホをよく見る人は要注意。猫背になることが多いと、バストを持ち上げてくれている大胸筋が衰え、垂れバストへまっしぐら! 仕事でスマホを見る習慣のある人は、意識的に"胸を開く"ストレッチがオススメ。肩甲骨の下あたりで手の平を合わせ、指先を上にして、「合掌」のポーズを取りながら腹式呼吸をするだけ。どこでもできるので仕事の合間に取り入れてみて。

寝るときも気を抜かない!

バストのことを考えたら、「仰向けに寝る」のがベスト。横向きだと重力で胸が下に引っ張られて垂れてしまい、うつ伏せだと体重がダイレクトにかかって胸の形が崩れる恐れがあるのです。とはいえ慣れない姿勢で睡眠不足になるのも良くないので、難しい人はナイトブラで予防しましょう。

いかがでしたか? 今回ご紹介した方法を習慣にするのとしないのでは、未来のバストは大違い! ぜひ意識して取り入れてみてくださいね。

【関連記事】
寝ている間も胸は垂れる?「就寝時専用ブラジャー」でバストの崩れ防止
8割以上がブラサイズを間違えている! 今すぐできる2サイズアップの美胸テク

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。