トレンド・ライフスタイル

月・金星・火星の競演!週末は、片思い成就を願って星を見よう♡

月・金星・火星の競演!週末は、片思い成就を願って星を見よう♡

2月19日(木)に新月を迎え、明日(2月21日)は三日月です。日没の頃に西の低空を見ると、満月に向かって太り始めたばかりの月を見つけることができます。
月のすぐそばで輝いているのが金星と火星です。まるで寄り添っているかのように大接近! 夕空で、月・金星・火星の共演。これは見逃せませんね。

金星は、宵の明星、明けの明星とも呼ばれ、輝きの美しさで知られています。ギリシア神話ではアフロディーテ、ローマ神話ではヴィーナス。どちらも愛と美の女神です。占星術においても、愛と美をつかさどる惑星として位置づけられ、恋愛運を占う上で欠かせない星です。

火星は、赤々とした光が特徴。ギリシア神話では戦いを象徴する軍神アレス、ローマ神話ではマルスにあたります。

星座神話では、アフロディーテはたくましくて男性的なアレスに惹かれ、一方アレスもアフロディーテのことを愛していましたが、アフロディーテには夫がいたため叶わぬ恋でした。
それが神話の時代から長い時間を経て、こうして夜空で一緒にいられるなんて、なんだかとってもロマンチックですよね。愛の星・金星と、戦いの星・火星が、まるで絡まり合うように情熱的なドラマを繰り広げるこの週末。その光景を目にすれば、片思いを成就させるパワーを星からもらえるかも! 満ちていく月の後押しもあって、恋の勝利者となれそうな予感です。

【関連記事】
二日酔いやむくみにはコレ!スパイシーなハーブティーで脱むくみ!
生よりもドライ!筋金入りの冷え性を和らげるジンジャーの取り入れ方

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。