トレンド・ライフスタイル

【花粉がツライ!】肌ケアに衣類・帽子で徹底対策が肝心!

【花粉がツライ!】肌ケアに衣類・帽子で徹底対策が肝心!

いよいよ3月。花粉の症状に苦しんでいる人を見かけるようになりました。症状がツライ人は薬を飲んだりマスクをしたり、できる限りの対策をしていると思いますが、この時期、ぜひ実践してほしい「花粉対策肌ケア法」をお知らせします。

花粉で肌も敏感に!?いつもと同じケアではダメ!

鼻水が出たり、目がかゆかったりと、ツライ症状の出ている方、なんだか肌の調子もイマイチだったりしませんか? じつは、冬から春にかけてのこの時期、湿度が低く乾燥していることが多いため、肌はカサカサしてハリを失いがち。おまけに、うるおい不足であれている状態の肌にほこりや花粉が付着すると...肌のダメージは進みやすくなってしまうんです! この時期、肌が敏感になっていると感じたら、まずは「肌に負担をかけない洗顔法」を実践しつつ、洗顔後は化粧水や乳液などの基本ケアをきちんと行い、肌表面を健やかに保ちましょう。

デリケート肌のスキンケアテクニック

  • 化粧水は、清潔な手のひらに取り、肌を軽く押さえるようにつける

大事なのは花粉を肌に付着させないこと!

外出時には、どうしても花粉を避けられないものですが、衣類や帽子、花粉よけグッズを駆使すれば、ある程度は抑えることもできます。

外出時の花粉付着防止テク

  • マスク、メガネに加え、衣類は花粉が付着しにくい素材をチョイスする(ポリエステルなど)。羊毛や毛織物は付着しやすいので避ける
  • つばの広い帽子や手袋の着用も効果的
  • 花粉などの空中の飛散物質の吸着を防ぐ効果のあるスプレーやローションを使う

最近は、顔に直接スプレーできるグッズも出ているので、ぜひお試しを! また、意外と忘れがちなのが、唇。じつは皮ふよりも角質が薄く、バリア機能がとても弱いので、こまめなリップケアが大事なのだとか。
花粉の飛散量のピークはまだこれからですが、早めのケアが肝心ですので、今から対策を始めましょう!

【関連記事】
花粉症?それとも風邪?花粉症を悪化させないセルフケア
トマトにリンゴ、キュウリ!?花粉症と関係がある意外な食べ物

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。