トレンド・ライフスタイル

手のひらサイズのアートなお皿。手塩皿の魅力

手のひらサイズのアートなお皿。手塩皿の魅力

手のひらにのるほどの小さなお皿。豆皿や手塩皿と呼ばれています。食卓では薬味やおしょうゆを入れたり、お漬け物を盛ったりするのが一般的ですが、ちょっとしたセンスで使い方はいろいろ。楽しみ方は自由自在です。

正式名は「手塩皿」。手塩というのは、その昔、不浄を払うために食膳に盛った少量の塩のことなのだそうです。その塩を盛った皿のことを手塩皿と呼び、今では小皿全般を指すようになりました。関西では「おてしょ」「おてしょう皿」と呼ばれています。

有名な窯元はもちろん、和菓子屋さんや和小物屋さんなどでも、オリジナルの手塩皿が作られていますので見逃せません。お値段的に買いやすいのも魅力。今回はかわいい手ぬぐいで人気の「かまわぬ」の手塩皿(700円/税別)をご紹介します。お皿をキャンパスに見立てた"風景皿"、鶴や亀、富士山など伝統的な縁起の良いモチーフの"円満ひとふで皿"など、粋でモダンなデザインはさすが「かまわぬ」。白と藍のすっきりとした色のコントラストがすてきです。

ミニマムな色、柄は使い方次第で表情を変える手塩皿。普段使いはもちろん、パーティーなどで、おつまみをちょっとずつのせて並べたり、おしゃれなプチガトーをのせたり、また小さなグラスのコースターがわりにしたりと、おもてなしにも華をそえます。お皿のかわいさに話もはずみそう!

もちろんインテリアにもいろいろ使えます。小さなキャンドルを置いたり、ピアスやブローチなどアクセサリーを入れたり、デスクまわりの小さなクリップなどを入れておいたり。入れるものによって、柄をチョイスするのも楽しいですね。

手塩皿は食卓の世界だけでなく、ひとつのアートとして人気が高まっていて、コレクターも多いのだとか。たくさん集めれば集めるほど、楽しい使い方のアイディアが生まれそう。海外へのお土産にも喜ばれそうですね。

かまわぬ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

菅野和子

菅野和子

エディター/ライター

主に食、クラフト関連の雑誌や書籍に関わる。ライフワークテーマは、色彩と手仕事と古楽器。アイルランドとニューメキシコと八重山諸島が大好き。今年から念願の織りを始めました。アイコンはメキシコの人形です。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。