トレンド・ライフスタイル

美肌に効くのはなんといっても女性ホルモン!子宮ケアで美肌をゲット☆

美肌に効くのはなんといっても女性ホルモン!子宮ケアで美肌をゲット☆

女性なら、誰もが手に入れたいと思っている美肌。さまざまな美肌対策の情報があふれていますが、私がオススメしたいのは「女性ホルモンケア」。今回は、女性ホルモンと美肌の関係についてご紹介します。

お肉のホルモンと女性ホルモンは関係ありません!

ホルモン、と聞くと、お肉のホルモンを使った「モツ鍋」を思い起こす人もいるかもしれませんね。たしかに、美肌にホルモンが大切なのは間違いありません。でも、お肉のホルモンと医学のホルモンは、ほぼ何の関係もないんですよ。
お肉の「ホルモン」は、もともと捨てていた内臓を料理して食べるようになったもので、関西弁で「放るもん(=捨てるもの)」から来ているとか。ですから、Beauty & Co. の中でもよく触れている「女性ホルモン」などの内分泌物質が含まれているわけではないのです。お肉の繊維質には、コラーゲンがたくさん入っているので、「モツ鍋=美肌」とも考えられられなくはないですが、全くの別物であるという認識は持っておいてくださいね。

美肌に深く関係している女性ホルモン

さて、美肌にとって大切なホルモンといえば、やはり女性ホルモン女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があり、エストロゲンは肌の表皮の水分を保つことでツヤを与え、みずみずしい肌をつくります。また、真皮のコラーゲンやエラスチンの合成を促して肌のハリを保ち、シワやタルミを防ぐ働きも。もう1つのプロゲステロンは、天然の保護クリームである皮脂を分泌させてくれます

ちなみに、女性ホルモンは月経周期に合わせて変動しますから、肌のコンディションもそれに合わせて変わります。いつもと同じ化粧水や乳液を使っているのに、ヒリヒリしたりベトついたりするのは、そのためなんですよ。

生理終了後~排卵までは、肌はベストコンディション!

生理が終わって排卵までの間は、エストロゲンの分泌が増えていく時期。肌の水分量が増えてみずみずしくなり、コンディションがベストになることで、モテ・オーラも全開になります。新しいスキンケアや基礎化粧品を試してみるなら、この時期がオススメです。

一方、排卵した後はプロゲステロンの分泌が増えて、皮脂が過剰になり、ニキビなどのトラブルを起こしやすくなります。生理前になると、肌が荒れやすくなってしまうのも、このプロゲステロンの影響なのです。この時期は、肌をやさしくいたわって、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

美肌になるために女性ホルモンケアをするのなら、一番大切なのは、なにより毎日の生活習慣。モツ鍋もいいですが、バランスのよい食事や十分な睡眠など健康的な生活が大事です。

春が来て、肌の露出も多くなりはじめる季節。紫外線には注意しながら、スキンケアと子宮のケアを怠らず、きらめく美肌をぜひ手に入れてくださいね。

【関連記事】
浮気とおっぱいの深い関係。マンネリもラブラブもホルモンがカギ!
真実の愛は子宮が引き寄せる?モテと排卵の深~い関係

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

船曳美也子

船曳美也子

産婦人科医

1983年神戸大学文学部(心理学専攻)を卒業後、医師を志し、1991年兵庫医科大学を卒業。兵庫医科大学病院、西宮市立中央病院、パルモア病院を経て、オーク住吉産婦人科(大阪)に勤務。不妊と肥満の関係性に着目し、ダイエットプログラムも発案。現在は、2013年に開院したオーク梅田レディースクリニックを中心に、不妊治療を専門に診療にあたっている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。