トレンド・ライフスタイル

日焼け止めの賢い選び方。レジャーはSPF、日常使いはPAをチェック!

日焼け止めの賢い選び方。レジャーはSPF、日常使いはPAをチェック!

今や、オールシーズン必須といわれる日焼け止め。ジェルタイプや美肌効果のあるものなど、さまざまな種類があって、どれを選ぶが悩んでしまいますよね。そこで、知っているようで意外と知らない「日焼け止めの表示」について、調べてみました!

日焼け止めに書かれている「SPF」と「PA」とは?

「日焼け止め効果の高さを示す表示」ぐらいは、なんとなーく知っているけど、具体的な違いがわからない「SPF」と「PA」。表示の意味を知って、選ぶ時の目安にしましょう。

レジャーに行く時に注目すべきは「SPF」

SPFとは、「Sun Protection Factor」のこと。短時間で肌に赤みを起こす、レジャー紫外線(UV-B)から肌を守る効果を示すサンケア指数。SPF○○と表示され、○○の数値が高いほどB紫外線を防ぐ効果が高いことを表しています。最高レベルはSPF50+。

日常使いなら「PA」表示の確認を

一方のPAは、「Protection Grade of UVA」のことで、しわやたるみを引き起こす、生活紫外線(UV-A)から肌を守る効果を示しています。表示方法は、+(ワンプラス)から++++(フォープラス)の4段階。+の数が多いほどUVA防御効果が高いことを示しています。

「どこに」「どのくらい」で、日焼け止めを使い分けよう!

SPFとPA、どちらも最高値のものをいつも使っていればいいか、というと、そういう訳ではありません。たとえばレジャーなら、SPFもPAも高く、ウォータープルーフ仕様のもの、デイリーには、ジェルや乳液タイプでつけ心地が良いものなど、「どこに行く時使うのか」「どのくらいの時間、外にいるのか」を目安に日焼け止めを選ぶのが、賢い使い方なんです。

生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方

紫外線から肌を守るには、直接 素肌をさらさないことが大切です。帽子や衣類で守るのはもちろん、日焼け止め用アイテムを上手にとり入れて。出かけるシーンにあわせてSPF・PAを目安に選んでくださいね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。