トレンド・ライフスタイル

梅雨のうねり、広がりに負けない!プロが教えるヘアテクニック

梅雨のうねり、広がりに負けない!プロが教えるヘアテクニック

梅雨が近づいてくると、「うねる、広がる、ぺちゃんこ!」などの髪悩みが増えますよね。湿気で朝セットした髪型がキープできないこの時季、ヘアスタイルを保つヘアケア&スタイリングテクニックを、資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの計良宏文(けら・ひろふみ)さんに伺いました。

ヘアスタイリングは毎日のシャンプーから始まる!

汗や皮脂の分泌量が増える梅雨時季は、髪の地肌も顔の肌と同じように、汗や皮脂で汚れやすくなっています。そこでポイントなのが、シャンプーのときに地肌をしっかりと、マッサージするように洗うこと。地肌ではなく、髪をごしごしこするように洗う人が多いですが、かえって傷みの原因となるので要注意! シャンプーの泡を髪にやさしくなじませれば、汚れはきれいに落ちます。また、コンディショナーやトリートメントは傷みやすい毛先からつけるようにしましょう。

 シャンプーは地肌をマッサージするように。

スタイルキープのコツは、湿気から髪を守ること

朝きちんとスタイリングしたヘアが、時間がたつとくずれたり、うねってしまうのは、湿気により余分な水分が髪に吸収されてしまうため。スタイリングテクニックで湿気から髪を守り、ヘアスタイルをキープする方法をマスターしましょう。

■ブロー前のポイント

  • 洗髪後は、タオルでしっかり水分を拭き取りましょう。地肌はマッサージするように、毛先はこすらずにタオルで軽くたたくようにします。
  • 「くるくるドライヤー」や「ヘアアイロン」は、ドライヤーで8割くらい乾かしてから使います。髪が濡れた状態で使うと、摩擦や熱により髪が傷む原因に!
  • 洗髪後、髪を乾かさずに寝てしまうのもNG! ぬれている髪は傷みやすく、また、カラーリングした髪は、ぬれたままだと、ニオイの原因にもなります。

■ブローの仕方

毛先のスタイリングは根もと次第。根もとをしっかり乾かすと、毛先がまとまりやすくなります。

髪の根もとを中心に、全体の8割程度を乾かします(クセが強い髪質は5割程度)。髪の量が少なく、ボリュームが少ない髪質の場合は、ドライヤーの風を下からあて、根もとを立たせるように乾かします。髪の量が多く、広がる髪質の場合は、ドライヤーの風を上からあて、根もとのボリュームを抑えるように乾かします。

② 髪を4~6つにブロッキングして、跡がつかないピンなどで留めます。

③ 襟足部分の内側からブラシで髪をすくい、軽く引っ張りながらドライヤーをあてます。ボリュームを出したい場合は、毛束を持ち上げるように、ボリュームを抑えたい場合は、下へ引きおろすようにブローしましょう。

④ 毛先を内巻きにする場合は、ロールブラシに髪を巻きつけてドライヤーをあてます。長い髪を根もとまで巻き込んでしまうと絡まりやすいので、気をつけましょう。最後に冷風をあてることで、キューティクルを引き締め、持ちを良くすることができます。

■スタイリング剤のつけ方

髪の量が少なく、ボリュームが少ない髪質の方は、ブロー前にハリ・コシタイプのスタイリングローションを根もと付近につけ、ブロー後の仕上げに軽いホールド力のあるスプレーを全体につけます。

髪の量が多く、広がる髪質の方は、ブロー後に髪をいくつかに分け、ボリュームダウンタイプのスタイリング剤やヘアオイルを、ブロックごとに少量ずつ毛先部分からつけてなじませます。髪の根もと部分に多くつけすぎると、脂っぽくなるため、毛先部分から少しずつつけるようにします。最後にブラシでとかして全体になじませましょう。

くずれが気にならない!梅雨にオススメの髪型

顔周りをすっきりさせるとヘアスタイルのくずれが気になりません。前髪をあげておでこを出し、軽くひねってピンで留めた「リトルポンパドール」、襟足をすっきりあげた「ポニーテール」、ルーズな「シニヨンスタイル」などがオススメです。カチューシャやワイヤースカーフなどで、涼しげな印象を演出しましょう。髪が結べない長さの場合は、耳に髪をかけてピンで留めるだけでもすっきりまとまります。

カチューシャなどで顔周りをすっきりと。

ヘアアレンジやケア方法をマスターして、憂鬱な梅雨時季も楽しく過ごしましょう♪

イラスト: 平松 昭子
参照:資生堂ニュースリリース

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。