トレンド・ライフスタイル

快適な眠りはパジャマが決める!?夏にオススメなパジャマはコレ!

快適な眠りはパジャマが決める!?夏にオススメなパジャマはコレ!

気温や湿度が上がると、日中はもちろん、夜、眠るときにも不快になることがありますよね。その眠るときの不快感、じつはパジャマ選びで解消できることもあるんですよ!

ジャージやスウェット、パジャマには向いていません!

夏のパジャマと言えば、キャミソールに短パン、という人も多そうですね。とくに暑くなってくると、なるべく肌を出したほうが涼しい! と薄着になる人もちらほら見かけます。ですが、肌が出ていると汗が吸収されずジメっと皮膚に残り、寝冷えの原因になってしまうことも。また、汗や皮脂が直接寝具についてしまうためお手入れも大変です。夏場でも袖がついたタイプのパジャマがおすすめです。湿気を逃しやすく、ゆったりとしたデザインのものを選びましょう。よく、ジャージやスウェットを着る方もいますが、それらは運動用に作られており、生地も厚いので、じつはパジャマには不向き。ウエストのゴムの締め付けも強いので、身体を圧迫してしまい、眠りを妨げる原因にもなってしまうんですよ。

夏のパジャマでオススメなのは、綿ガーゼや麻・シルクなどの素材のもの。吸水性が抜群なので、汗をかいてもすばやく吸収してくれます。とくに、麻素材は、独特のシャリッとした肌触りから涼感を感じることができ、夏場にはオススメです。
シルクは放湿性も高い素材なので、朝までさらっとした肌触りが続きます。お肌にも優しい成分も含まれているため、寝ている間にスキンケアも期待できるんですよ!

眠るときは身体を圧迫しない、が基本!

夜、眠るときは、身体の圧迫を防ぐため、締め付けが強い日中用の下着はあまりオススメしません。しかし、何も付けていないと不安だったり、寝返りを打つ際に胸の形が崩れてしまうのが気になるという方は、寝る時用の下着もありますので、試してみてはいかがでしょうか? 
また、パジャマは毎日身につけている、いわば下着と同じようなもの。できれば毎日洗うほうが、清潔で爽やかな夏の夜を楽しめますよ!

寝苦しくなりがちな夏の夜。少しでもよい眠りのために、パジャマのアレコレについて、考えてみませんか?

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

杉原桃菜

杉原桃菜

東京西川 日本睡眠科学研究所認定スリープマスター

社内では販売員教育などを担当しているほか、全国で眠りに関するセミナーや寝具選びのコンサルティング、快適な睡眠環境づくりのアドバイスを行う。「眠りのレシピ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。