トレンド・ライフスタイル

あの壇蜜さんも?今増えている「ふんどし女子」って!?

あの壇蜜さんも?今増えている「ふんどし女子」って!?

いま、ふんどしをオシャレや健康目的で身につける「ふんどし女子」ブームが起きていることをご存知ですか? 締めつけがなく、天然素材で作られているものが多いふんどしは、通気性にすぐれていて、実はとっても快適。ベストフンドシストアワードなるものも発表されていて、これまでに壇蜜さん、森三中の大島美幸さんが女性部門で受賞されています。

...とは言っても、やはり「ふんどし」には抵抗がある! というみなさんに、ふんどしの魅力をご紹介します。

■いろんなデザインが楽しめちゃう! オシャレふんどしが登場

お祭りなどで見かけるふんどしは、お尻が丸出しのものが多いですが、いま女性に人気のタイプは、お尻を優しく包み込む「越中ふんどし」や「もっこふんどし」と呼ばれるオシャレなもの。越中ふんどしは昔から常用下着として使われていて、1mほどの布の端に紐がついただけのシンプルなもの。もっこふんどしは、紐パンツのような形で、ふんどし初心者にオススメです。どちらもデザインが豊富で、柄が可愛いいものや、エレガントで女性的なデザインも多く、実際手に取ってみてみると、ふんどしのイメージを大きく覆されるはず!

■快適なだけじゃない! ふんどしが女性にとって嬉しい理由

何よりふんどしの優れた点は体を締め付けないこと。市販の下着はゴム部分がきつく、鼠径部やお腹を締め付けすぎてしまうものも多く、その結果、下半身の血流が悪くなり、冷え体質になってしまうことも。ふんどしを履けば、そんな締め付けから起こる冷えやむくみ、便秘などが改善されたり、デリケートゾーンのムレが解消されたりと嬉しいことずくめ。締め付けからの解放によるリラックス効果から、自律神経のバランスが整うこともあるのだとか!

じわじわ人気拡大中のふんどし。外出時はやはり気になるという方は、就寝時のリラックスウェアとして始めてみてはいかがですか? たったそれだけで睡眠の質が向上し、毎日が快適でHAPPYになるかも!

画像協力:SHAREFUN

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。