トレンド・ライフスタイル

【2015-16年秋冬トレンド】「ジェンダーレス」「70年代」「レトロガーリー」が最重要テイスト!

【2015-16年秋冬トレンド】「ジェンダーレス」「70年代」「レトロガーリー」が最重要テイスト!

まだまだ猛暑が続くなか、早くも気になるのが2015-16年秋冬のファッション。次シーズンもさまざまなトレンドが浮上するも、特におさえておくべきキーワードは「ジェンダーレス」「70年代」「レトロガーリー」の3つ。それではここで、各ポイントを解説していきたいと思います。

男女の性差を超えた、自由な着こなしが新潮流に

左右共に / GUCCI

次なるシーズンで、最も注目されているのが「ジェンダーレス」という概念。ライフスタイルの多様化に伴い、男性が女性の服を着る、または女性が男性の服を着る、といった感覚がより当たり前になってきました。最もわかりやすいのが「グッチ」のコレクション。ここでは、男性モデルがピンクのフリルブラウスを着たり、女性モデルがダンディなスーツ姿で登場しています。このような男女の性差を超えた着こなしが、これからますます拡大すると言われています。

70年代はエフォートレスにさらに進化

左 CHLOE / 右 BOTTEGA VENETA

この春夏、一大トレンドとして注目された70年代テイストが秋冬さらにバージョンアップ。肩の力が抜けた、エフォートレスな女性美が時代のムードを牽引していますが、引き続きこの70年代の流れを取り入れる上で、目新しさを加えるならワイドパンツをチェックしてみて。これまでフレアデニムやガウチョパンツなどが人気でしたが、次にフレッシュなのは靴がすっぽり隠れるくらいにボリュームたっぷりな「ワイドパンツ」。体型カバーにもなり、ヒールを合わせれば脚が長く見えるという嬉しい効果もあります。

60年代を意識した可愛らしいスタイルが急浮上

左 PRADA / 右 MIU MIU

ノームコア(超ベーシック)の反動なのか、次の秋冬シーズン全体を通して目立っていた傾向が"女性讃歌"。つまり、もっと着飾ってオシャレを楽しみましょう! といったもので、いわば、日本人女性が最も得意とする"カワイイ"を楽しむ傾向に。新しい流れとして60年代を彷彿させるような、レトロガーリーなスタイルも数多くランウェイに登場しています。最旬トレンドとして取り入れるなら、色はパステル、柄は深く考えず大胆な組み合わせに挑戦! が成功のカギを握っているようです。

いかがでしたか? なりたいイメージや憧れのスタイルは人それぞれでも、トレンドの観点から見ると、この3つが今のオススメ。最新テイストを把握しつつ、自分らしいスタイルをぜひ探してみてください!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。