トレンド・ライフスタイル

上品でトレンド感満載!注目の「プチハイネック」の着こなし方

上品でトレンド感満載!注目の「プチハイネック」の着こなし方

この秋冬のトレンドで、手軽にトライできるのが「ハイネック」。今シーズンは、首をすっぽり覆うタートルネックではなく、首もと半分いくかいかないか...の"プチハイネック"というのがミソ。パンツにもスカートにも合わせやすいし、なんといってもハイネックは簡単にレイヤードが楽しめる便利アイテムです。それでは早速、即オシャレに見える着こなしをチェックしてみましょう!

最新の黄金バランスはワイドパンツで!

左 LOEWE / 右 NINA RICCI

春夏はガウチョパンツが流行していましたが、この秋冬も引き続き太いシルエットのパンツがトレンドとして注目されています。新しい兆しとしては、丈がより長くなったこと。こういった下半身にボリュームがある場合、トップスの丈は短めにしたり、パンツにインしてバランスを取ることが重要になってきます。そこに加えてハイネックなら、シンプルながらも即座にイマっぽいスタイルのできあがり! 細身のハイネックなら、Iラインのシルエットを強調するので縦長効果も生まれます。

ハイネックブラウスはオフィスにもぴったり♪

左 SONIA RYKIEL / 右 VALENTINO

ハイネックは、なにもカットソーやニットだけではありません。実はシャツにもハイネックのバリエーションが広がっています。レースやビジュー、可愛らしいフリルやリボンなどの飾りでよりフェミニン度が高くなったアイテムが増えています。シックなコットンやシルク素材なら品があるので、オフィス仕様としても最適♪ ミディ丈やハイウエストのタイトスカートを合わせれば、ビジネスシーンでも女性らしい華やかさを演出できますよ。もちろん、上に秋冬素材のトップスを合わせて、ハイネックをチラ見せさせるレイヤードもオススメです。

スカーフをハイネック代わりにアレンジ

左 CHLOE / 右 BOTTEGA VENETA

ちょっとひと味違うスタイリングを楽しむなら、スカーフをハイネック代わりに首に巻いてみるのもあり。昨シーズンあたりから注目小物のひとつとして浮上したスカーフは、長く細いタイプが新鮮です。ハイネックにそのままスカーフがついたデザインコンシャスなタイプも登場しています。これならノーアクセでも地味にならず、むしろエレガントな雰囲気に。コーデのワンポイントとしても取り入れやすいテクニックです。

いかがでしたか? ハイネックはいろいろなコーデに着まわせるので、色や柄違いでいくつか持っているとかなり重宝するはず! お仕事用にもカジュアルにもと振り幅が広く、かつ防寒対策にもなるのでこの秋冬は手放せなくなりますね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。