トレンド・ライフスタイル

外国人風で人気急上昇♡いまどき外ハネヘアの作り方

外国人風で人気急上昇♡いまどき外ハネヘアの作り方

最近、復活の兆しを見せている「外ハネ」ヘア。外国人風で、かわいくキュートなのが人気の秘密! とはいえ、くるっくるの外ハネにしてしまうと、途端に時代を感じる古いスタイルとなってしまうので要注意! 今っぽい、自然なニュアンスのある外ハネヘアの作り方をマスターしましょう。

欲しいのは「自然なハネ感」

今っぽい外ハネの特徴は、あくまでも自然なハネ感にあります。まるで、自然乾燥させたかのようなナチュラルさが理想なので、巻き過ぎない、やり過ぎないことが大切です。

<ヘアアイロンの使い方>

後ろの髪の毛も全て前にもってきて、ヘアアイロンは「ななめ」に入れ、毛先の髪を軽くひと巻きしたら、そのままスッと髪から抜き取ります。外向きにくるんとさせるのではなく、毛先にちょっと外向きのクセをつけるようなイメージで巻いていくのがポイント。また、同じ調子で髪を巻いていくと、カールが一定になり、わざとらしさが出てしまうのでNG。巻く毛束の量を少なくしたり多くしたりと、毛量を調整しながら巻いていくと、カールのつき方が不規則になり、自然な外ハネが作れますよ。

最後のひと手間でよりナチュラルに

ヘアアイロンで巻き終わったら、ワックスを両手のひらにつけ、髪全体をバサバサッと散らすように動かします。ワックスをもみ込んでしまうと、せっかくつけた外ハネが崩れてしまうので、軽くつけることを意識しましょう。

あえてボサっとさせることで、いい感じの抜け感やこなれ感を演出できるいまどき外ハネヘア。ナチュラルなかわいさを楽しんでくださいね。

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。