トレンド・ライフスタイル

まとまらないっ!を解決。伸ばしかけ「セミディ」ヘアをきれいに仕上げるコツ

まとまらないっ!を解決。伸ばしかけ「セミディ」ヘアをきれいに仕上げるコツ

いま流行りのセミディヘアですが、毛先がパサついたり、肩にあたってハネたり広がったり、まとまらなくて困っているという人も多いのでは? そこで今回は、セミディをアイロンできれいに巻くコツと、簡単なアレンジを紹介します。

コツ1 髪を2段に分けて巻き方を変える

髪を上下2段に分け、下の段の髪をワンカール程度の内巻きになるように、前方向に巻いていきます。下の段の髪(内側の髪)を内巻きにすることで、ハネを押さえられるんです。

コツ2 上の髪はフォワード巻きとリバース巻きでランダムに

上の段の髪は、前方向と後ろ方向と交互に巻いて、ランダムにカールを作っていきます。耳周りから下の髪に動きを出したいので、中間~毛先のみを巻きます。根元まで巻いてしまうと広がりやすく、頭が大きく見えてしまうのでNG。

コツ3 後頭部にボリュームを出す

最後に、トップの髪を毛先から根元まで内巻きにします。こうすると、後頭部にボリュームが出て、頭の形がきれいに見えるのでおすすめです。アイロンで巻くことによって、顔周りにニュアンスがつき、パサつきやすい毛先にツヤもプラスされ、こなれニュアンスセミディに!

Wくるりんぱで簡単アレンジ

先ほどの巻き髪を活かして、簡単なアレンジを楽しんでみましょう♪

こめかみから上の髪をハーフアップにするように分けとり、7:3に分けます。それぞれを後ろ側でくるりんぱして、大と小のくるりんぱを作ります。このとき、分け目をまっすぐではなく丸くカーブして取るのがポイント。くるりんぱでねじれた部分をランダムに引き出して、ルーズ感をプラスします。結び目をおさえながらトップを引き出せば、トップのボリュームも出しやすくなります。

ふたつのくるりんぱを真ん中に寄せ、結び目を隠すようにヘアアクセをつけたら完成。分け目を丸くカーブして取ってから寄せることで、髪の分け目が目立たなくなり、1つくるりんぱよりも繊細に仕上がり、うしろ姿が上品になりますよ。

コツさえ覚えれば、セミディヘアをまとまりよく仕上げるのは意外と簡単。旬のスタイルを思う存分楽しんでくださいね!

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションやヘアメーキャップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。