トレンド・ライフスタイル

ウエストマーク・柄・小物がポイント!冬の新レイヤードテクニック

ウエストマーク・柄・小物がポイント!冬の新レイヤードテクニック

そろそろ冬本番。そんな季節にこそ楽しめるオシャレと言えば? そう、レイヤードですよね。シャツにニット、それにマフラーなどの小物も含め、冬だからこそアレンジが効く重ね着(レイヤード)は、ぜひ上手にマスターしたいもの。とはいえ、一歩間違えるとただの着膨れになってしまうキケンがあるため、ここはちょっとしたテクが必要! その方法をこちらでご紹介します。

定番シャツ×ニットは、バランスが命

冬のレイヤードといえば、シャツにニットをオンするあったかオシャレが定番。特に、白シャツは何にでも合うので重宝しますね。ただ、そんな無地のシャツにニットを合わせる時にこそ気をつけたいのがバランス。何も考えていないと、全体像がぼやけて見えて野暮ったくなってしまう恐れも。スタイルアップを狙うなら、最も効果的なのはウエストマーク。ここでのポイントはニットが薄手であることですが、ベルトをぎゅっと締めるだけで脚長効果も期待できます。また、シャツとニットの両方ともボトムスにインしてもキレイなバランスが維持できます。ニットにゆとりがある場合は、シャツは最後までボタンを閉めず2つ3つ開け、ニットの裾から10?20cmほど見せるのがコツ。そして裾だけでなく、襟、袖からもシャツをチラリ&手首見せでヌケ感を作りましょう。この場合、ボトムスはタイトにまとめるのがコツです。

左 BLUGIRL / 右 JIL SANDER

着膨れ防止には、柄ものがお役立ち

今年、冬のアウターといえばロング丈に注目! コートやジャケットにカーディガン、また下にレイヤードしたいベストにいたるまで、とにかく長さにこだわるのが旬の模様。そんな時、全身無地というのはかえって難易度が高く、素材が厚手だと余計に着膨れして見えてしまう可能性も? ならば、チェックやレタードといった柄物で、全体コーデにリズム感をつけてみて。ひとつインパクトを加えるだけでコーデが締まるので、例えばチェスターコート、Gジャン、Tシャツといったレイヤードも全身無地よりすっきりして見えます。

左 DRIES VAN NOTEN / 右 LOEWE

取り外し可能な小物で簡単アレンジ

雰囲気ががらりと変わるレイヤードとしておすすめなのが、付け襟や部分ファーといった取り外し可能なアクセサリー。付け襟ならコンパクトなニットに重ねてもごわつかないし、袖に付けたファーも食事の時などに取り外しができれば汚れの心配がなく、エチケットとしてもグッド。特にファーは今年もトレンドだけに、上手に使いこなしたいですね。

左 KATE SPADE NEW YORK / 右 MICHAEL KORS

いかがでしたか? 冬はコートやジャケット、ニットなど、とにかくコーデがワンパターンになりがち。そんな時は、オシャレに見えてなおかつ防寒にもなるレイヤードができると、一気に着こなしに奥行きが生まれます。そしてこのレイヤード、実は欧米体型な人よりも日本人が昔から最も得意とするテクニックなのです。脱マンネリで、ぜひ冬のオシャレを楽しみたいですね!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。