トレンド・ライフスタイル

かわいすぎ要注意♡フィッシュボーンで作る進化形「マフもこ」

かわいすぎ要注意♡フィッシュボーンで作る進化形「マフもこ」

髪の毛の上からマフラーを巻くことで、後ろの髪がもこっと盛り上がる状態がかわいいと人気の「マフもこ」。「マフラーしまい髪」とも呼ばれていてサブカル男子のハートを鷲づかみなんだとか! そんなマフもこの要素は残しつつ、ちょっぴり手を加えた新しいスタイルを、資生堂ヘア&メーキャップアーティスト松本聖子さんに教えてもらいました。このアレンジなら、マフラーを巻いているときも外したときも、どちらもかわいい姿でいられちゃいますよ♪

フィッシュボーンの編み方を覚えよう!

フィッシュボーンとは、髪の毛を2つの毛束に分けて、それぞれの束の外側から少量の毛束をすくい取って編みこんでいくヘアスタイルです。今回は髪全体を後ろにまとめてフィッシュボーンにします。

1. 髪の毛全体を後ろでまとめるように耳の高さの位置に集め、ざっくりと2つの束に分けます。左側の束の耳上の髪を適量すくい取り、右側の毛束に上から交差させるように重ねて合わせます。

2. 今度は左側と同じように、右側の耳上の髪を適量すくい取り、左側の毛束に上から交差させるように重ねて合わせます。正面から毛先が見えるように左方向へ向かって編み進めるのがポイントです。あとは、耳後ろの髪を適量すくい取り、同じ動作を続けていきましょう。

3. 毛先の部分も同じように、左の毛束の外側の髪を少量すくい取って、右の毛束に重ね合わせます。右の毛束も外側の髪を少量すくい取って、左の毛束に重ね合わせます。これを交互に毛先まで繰り返します。

4. 最後にフィッシュボーンの編み込み部分を指でつまんで毛束をランダムにひっぱり出してラフに崩し、毛先をゴムで結びます。編み込んでいない部分の後頭部の髪も指でふんわりルーズに引き出し、「マフもこ」のもこもこふわふわ感を演出したら完成です。

フィッシュボーンは一見複雑に見えますが、手順さえ覚えてしまえば意外と簡単。フィッシュボーンで毛先をまとめると、マフラーも巻きやすく、かわいく仕上がります。ラフでさりげない「マフもこ」な後頭部は、頭の形をよくみせるだけでなく、ドキッとさせるような横顔美人効果もありますよ!

冬しかできないマフもこヘアを存分に楽しんでくださいね?

Photo: 鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションやヘアメーキャップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。