トレンド・ライフスタイル

毛玉やほつれからニットを救済!プロ直伝のレスキューテク

毛玉やほつれからニットを救済!プロ直伝のレスキューテク

お気に入りのニットを着て、お出かけする機会も多いこの時期。そんなニットが活躍する季節に起こりがちな、ニットのトラブルを解決するテクをご紹介! 「これからデートなのに毛玉を見つけちゃった...」「ニットを引っ掛けて、ほつれちゃった...」などの緊急事態から、ニットを救済するテクを東京都クリーニング生活衛生同業組合に伺いました♪

デート前でも焦らない! 毛玉からニットを守る方法

デートに出かける直前、お気に入りのニットを着たかったのに毛玉を見つけちゃった...などの緊急事態には応急処置を施しましょう。まずはハサミを使って、毛玉部分だけを慎重にカットします。もし広い範囲で毛玉が発生している場合は、毛玉取り器を使うのがベターです。

そもそも毛玉ができるのは、着用摩擦による毛羽の絡み合いが原因なのだそう。着用摩擦を完全に防ぐことはできませんが、ポイントを押さえればある程度毛玉を防ぐことができますよ!

毛玉を防ぐためには...

  • 洋服ブラシを使って、表面を整える(ただしこすり過ぎるとかえって毛羽立つので要注意!)
  • 摩擦の原因となる、ショルダーバッグやリュックは避ける

また、最初から毛玉ができにくい素材を選ぶのもひとつの手。ショッピングの際は、素材に注目してニットを選んでくださいね♪

毛玉ができにくいニットの特徴

  • 綿や麻で編んだもの
  • アクリルなど、合成繊維が混紡されていないもの
  • 毛玉を防ぐ「抗ピル加工」されたもの

ちなみに毛(ウール)、カシミヤ、アンゴラなどの動物繊維で編んだものは、毛玉ができても落ちやすいのでおすすめです。

ニットを引っ掛けちゃってピンチ! ほつれを直す裏ワザ

外出先で壁などにニットを引っ掛けてしまった...なんてことも、ありますよね。そんな時は、ニットの表側に引き出された糸を、シャープペンシルの先や楊枝のように先の細いものを使って裏側に引き出すことで、ある程度目立たなくすることができます。

食べこぼしのシミ対策にはコレ!

ニットに食べ物をこぼしてしまった時は、すぐに乾いたティッシュペーパーでシミ部分を押さえます。それでも落ちないシミに関しては、早めにクリーニング店に出しましょう。その際は、何が原因のシミなのか伝えるのが◎。よくやりがちですが、濡らしたティッシュや湿り気のあるおしぼりでシミを押さえるのは絶対NG! 水分が繊維内部にシミを追い込んで悪化させてしまう恐れがあるからです。

いかがでしたか? トラブルが起きても慌てず対処すれば、ニットを復活させることができるんです! 困ったときはご紹介したニットレスキューテクを試してみてください♪

今回お話を伺ったのは......
東京都クリーニング生活衛生同業組合

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。