トレンド・ライフスタイル

その洗い方で大丈夫?プロが教えるニット長持ちポイント♪

その洗い方で大丈夫?プロが教えるニット長持ちポイント♪

冬のおしゃれに欠かせないニット。毎日のように着ているという方も多いのでは? でも、着るたびにクリーニングに出すのは、なかなか大変。かといって、自己流で洗っていたら縮んでしまったり...伸びてしまったり...なんてことも。そこで今回は、ニットが長持ちする正しい洗い方を東京都クリーニング生活衛生同業組合に教わりました!

洗濯でニットが縮んでしまう理由

自分でニットを洗ったらニットが縮んでしまった...なんて経験がある方も少なくないはず。なぜ、洗濯によってニットが縮みやすくなってしまうのでしょうか?

洗濯で縮みやすいニットの素材に、ウール(羊毛)などがあります。ウールは水分を含むと繊維同士が絡みやすくなり、縮みやすくなります。特にアルカリ洗剤を使うと、繊維が絡みやすくなり「縮み」や「硬化」を引き起こしてしまいます。ウールだけでなく、絹やモヘヤ、カシミア、アンゴラ、レーヨンやなども水に弱い素材です。これらを使ったニットは、クリーニング店のドライクリーニングに出すと、風合いの変化や縮みのリスクを避けることができます。

ダメージを最小限に抑える! ニットの正しい手洗い方法

しかし、水洗いOKの表示があるニットなら自宅でも洗えます。ダメージを最小限に抑えた自宅でできる上手な手洗い方法を学びましょう。

用意するもの
  • 大きめの容器(洗濯桶)
  • おしゃれ着洗いの洗剤

1. 水をはった容器の中におしゃれ着洗いの洗剤をよく溶かし、平に畳んだセーターを入れる。
2. 少し時間を置いてから手のひらで押し洗いする。このときセーターをひっくり返したり、袖を持って引っ張ったりすると伸びて変形するので要注意!
3. セーターが変形しないように注意して、畳んだまま数回水を変えてやさしくすすぐ。

ドライコースならOK!? 洗濯機で上手に洗うテク

洗濯機のドライコースは、クリーニング店のドライクリーニングとは違うのですが、ニットをやさしく洗うことができます。ドライコースで洗う場合は、型くずれしないよう丁寧に畳んで、必ず洗濯ネットに入れます。ウール素材の場合は、中性洗剤を使うのが基本。各社洗剤メーカーは衣類へのダメージを防ぐ工夫をしているので、洗剤容器に記載されたアピールポイントをよく読んで選びましょう。

ニットは平干し&陰干しが正解

ニットはしっかりと脱水した後でも水分を含んでいて、なかなかの重みがあります。吊り干しにしてまうと、その重みによって編み目のループ(輪)が伸びてしまう恐れが...! そこで、平干しネットを使用して、干す方法がおすすめ。また、ニットは天日干しもNG。日光からの紫外線に弱い染色のニットは、黄色く変色したり、色がさめたりしてしまうことも...。やはり陰干しがベストです!

自宅での洗濯が最も難しいニット。実際、洗濯に失敗してしまいクリーニング店に助けを求めて駆け込むケースも多いのだそう。ニットを自分で洗う場合は、ご紹介したポイントに注意して、ダメージを最小限に抑えるのが吉。丁寧に扱って、最愛ニットを長持ちさせてくださいね♪

今回お話を伺ったのは......
東京都クリーニング生活衛生同業組合

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。