トレンド・ライフスタイル

上級者見せするターバンヘア♡「ほんのちょっとの」こだわり3ポイント

上級者見せするターバンヘア♡「ほんのちょっとの」こだわり3ポイント

ヘアにアクセントをつけたいときに、便利なのがターバン。おしゃれ上級者がしているのを見るとかわいくて真似したくなるけれど、いざターバンをしてみると、なんだか「洗顔中?」のような雰囲気になってしまう...。でも、実はほんのちょっとのポイントをおさえるだけで、こなれたターバン使いをマスターできちゃうんです♪

1.先にターバンを通してから三つ編みをし、後れ毛を出す

まずは、ターバンを首に通しておきます。それから、まとめやすいように、後ろの毛を三つ編みにしましょう。三つ編みは一つにまとめてするよりも、二つに分けて編んだ方がまとまりもよく、かわいく仕上がります。少し高めに耳の後ろくらいの高さから編み始めると、ターバンを巻きやすくなります。

以下の箇所の「後れ毛をひとつまみ出す」ことで、こなれ感UP!
①耳前の後れ毛
②前髪横の後れ毛
③衿足の後れ毛
①はマストで。②、③はバランス次第で、後れ毛を出すか判断しましょう。

2.三つ編みを引っ張りだしてニュアンスをつける

三つ編みができたら、ゴムで留めた部分を持ち、三つ編みのところどころを引っ張り出してニュアンスをつけます。ゴムの部分をあまりきつく持ちすぎるとうまく引っ張れないので、ゆるく持ちつつ丁寧に。

三つ編みの外側は外方向に、内側は縦方向に引っ張り、三つ編み全体に立体感を出すとまとまりやすくなります。

3.三つ編みを留め、ターバンを巻く

三つ編みの毛先を、もう一つの三つ編みの編み始めの部分まで持っていき、くるんと中に入れ込むようにしてピンで留めます。Uピンよりアメリカピンのほうがしっかりと固定できます。固定したらターバンを上げ、後れ毛を整えて完成! 髪の毛が長い人は、後れ毛をコテなどで巻いてもかわいいですよ。

ターバンをする位置は、気持ち前側に。後ろまでもっていきすぎると「洗顔中」みたくなってしまいます。太ターバンなら耳にかぶせて、細ターバンなら耳にかぶせないようにするとおしゃれに。

三つ編みにしたことで、ターバンもずれにくく、スッキリまとまります。後れ毛や三つ編みのニュアンスの出し方、ターバンの留め位置にほんのちょっとこだわるだけで、ターバンヘアが一気におしゃれに? ぜひお試しあれ!

お話をうかがったのは...
AZURA自由が丘』ヘアスタイリスト・大矢留実さん
住所:東京都目黒区自由が丘1-5-1 Feel B1F
TEL:03-5731-7227

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。