トレンド・ライフスタイル

編み込みじゃないの!?簡単なのに女っぽく決まる鎖骨レングスアレンジ

編み込みじゃないの!?簡単なのに女っぽく決まる鎖骨レングスアレンジ

話題の鎖骨レングス! でもロブってヘアアレンジの幅が少なく、いつも同じスタイルになりがちですよね。髪の毛が短い分、どうしても色っぽさが足りない!? という難点も...。そこで今回は、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの伊藤礼子さんに、鎖骨レングスを女っぽく見せるヘアアレンジを教えてもらいました。

華やかさの秘訣はトップのボリュームにあり!

1. 髪全体を軽く巻き、スタイリング剤をしっかりとなじませ、前髪を7:3に分けます。分け目はいつもと反対に作るのがポイント! 分け目をいつもと変えジグザグと分けることでフロントにボリュームが出て、色っぽさがグンとアップしますよ。

トップのふんわり感は華やかさを強調する部分なので、ペタっとならないように気をつけて!

2. 1.で分けた、少ないサイドの髪を2束に分け、ねじねじとツイストしていきます。ツイストする際は、残っている顔周りの髪の毛を少しずつすくい取りながら編んでいきましょう。ツイストをすれば、サイドの髪が短くても、きれいにまとめられますよ! 
耳後ろまで編んだらピンかビニールゴムで留めます。最後に表面からランダムに髪を少しずつ引き出すことで、編み込みのような立体的ニュアンスが生まれ、顔周りがとても華やかに?

ヘアアクセ次第でカジュアルからフォーマルまで応用が効くので、ぜひトライしてみてくださいね!

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

伊藤礼子

伊藤礼子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、国内外コレクションなどでも多岐にわたり活動。現在、メーキャップブランド「ベネフィーク」では、カラークリエーションなど商品開発も担当。セミナー、ヘアメーキャップスクールSABFAの講師もつとめる。2006年HAIR MODE最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/ito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。