トレンド・ライフスタイル

のせるだけでアップスタイルが華やかに♪「バックカチューシャ」のアレンジテク

のせるだけでアップスタイルが華やかに♪「バックカチューシャ」のアレンジテク

オシャレ女子の間で話題になっているのが「バックカチューシャ」と呼ばれるヘアアクセサリー。バックカチューシャとは、その名の通り、頭の後ろにつけるカチューシャのこと。いつものスタイルにプラスするだけで、後ろ姿をとびっきりかわいく見せてくれちゃう優れものなんです? そこで今回は、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの松本聖子さんに、バックカチューシャを使ったアレンジ方法を教えてもらいました。

1. 髪を3つに分けて三つ編みにする

髪の毛を3つのパートに分けます。1つは後頭部の髪を逆三角に取り分けて仮留めします。残りは左右2つに分けて、それぞれゆるく三つ編みにします。三つ編みは、根元をたるませて編んでいくことがポイント。三つ編みから髪を引き出して、ラフに崩しておきましょう。

2. 三つ編みを外向きに丸めてお団子に

1で作った三つ編みをそれぞれ外向きにくるくると丸め、ピンで固定してお団子を作ります。

3. トップの髪を三つ編みにしてお団子を作る

仮留めして残しておいたトップの髪を1と同じようにゆるく三つ編みにします。今度は内向きにくるくると丸めてお団子を作り、2で作った2つのお団子の間に来るように、ピンで留めます。

4. 三つ編みお団子の上にバックカチューシャをON

三つ編みをまとめた部分のすぐ上にバックカチューシャをつけ、トップの髪をルーズに引き出してバランスを整えたら完成です。襟足にボリュームを出し、その上にくびれを作るようにカチューシャでおさえ、トップをふんわりさせることで、後ろ姿がメリハリのある上品なシルエットになります。

この春夏、ブームになること間違いナシのバックカチューシャ。誰よりも先に取り入れて、みんなの視線を独り占めしちゃいましょう!

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションやヘアメーキャップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。