トレンド・ライフスタイル

ゆるゆるお団子「#メッシーバン」!オシャ見えの秘密は仕込みにアリ

ゆるゆるお団子「#メッシーバン」!オシャ見えの秘密は仕込みにアリ

メッシーバン=ラフに作ったお団子ヘアが流行中。でも自分でやると、ただぐちゃぐちゃにまとめただけのお団子になってしまい、どうしてもオシャレに見えない...。そんなお悩みを解決すべく、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの齋藤有希子さんに、こなれて見えるメッシーバンの作り方を教えてもらいました。

1.髪をねじって、クセをつける

まず髪の毛全体にセットローションなどのベース剤をなじませてから、髪の毛を少量とって指に巻き付けながらねじり、ドライヤーを当てます。繰り返して髪全体にクセをつけていきましょう。さらさらな状態ではなく、少しガサッとするくらいの質感にさせるのがポイント。もともと乾燥してダメージが強い髪質の人は、マットなワックスなどを全体につけておくとまとめやすいですよ。顔周りの毛は少しだけゆるく巻いてあげると、さらにニュアンスのあるベースが完成します。

2.頭頂部でポニーテールを作る

顔周りの髪を残し、残りの髪を手グシで頭頂部に髪を集めてポニーテールを作ります。手ぐしでまとめることで、毛束感のある一つ結びになりますよ。ポニーテールを作る際は、ピタッときつく結びすぎても、たるませすぎてもNG。今回は高い位置に作るお団子なので、耳上の髪はタイトにすると疲れて見えずフレッシュに見せることができます。その代わり、後頭部の髪は多少たるむくらいのバランスにすることで、オシャレに見せることができます。

ポニーテールができたら、毛束を少しねじってゴムの根元に巻き付けて、ピンで固定してお団子を作ります。髪のボリュームが多い人は、しっかりとねじってお団子を小さく、ボリュームが少なめの人はねじりすぎないようにしましょう。最後にバランスを見ながら、お団子から髪を少量引き出したり、崩したりして、アクセサリーをつけたら完成!

メッシーバンをオシャレに見せるには、髪にほどよいクセを付けておくことと、ポニーテールのたるませ具合が大切です。これから暑くなるにつれ、大活躍すること間違いなしのアレンジなので、作り方のポイントをしっかり押さえておきましょう!

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

齋藤有希子

齋藤有希子

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

ファッションの会社に4年間勤務の後、資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションなどでも多岐にわたり活動。2007年ヘアモード誌上コンテスト 最優秀年間賞受賞。2008年JHA(ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ)最優秀新人賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/saito/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。