トレンド・ライフスタイル

TGCデビューを叶えた王子咲希流!美容習慣・コンプレックス解消テク

TGCデビューを叶えた王子咲希流!美容習慣・コンプレックス解消テク

約2万人の応募者の中からオーディションを勝ち進み、東京ガールズコレクション(TGC)で見事ランウェイデビューを果たしたシンデレラガール、王子咲希さん。シンデレラガールと言うと、「ダイヤモンドの原石を他人が運良く見つけてくれただけ」と思われるかもしれません。しかし、王子さんは違っていました。失敗しても、それを成功へのプロセスに転じてしまう彼女のポジティブなパワーは、見ているこちらがまぶしく感じてしまうほど!

王子さんのデビューまでの道のりには、私たちが新たな一歩を踏み出すときに参考にしたい想いやエピソードがたくさん詰まっていました。

オーディションでの失敗もポジティブに転換!

今だから語れるという王子さんの失敗エピソードには、彼女らしい前向きさが溢れています。
「それは4次審査のとき。出身地の神戸から東京の会場へ向かう途中、オーディションで履く予定だったヒールの靴がなくなってしまって。自分でコーディネートした服を着て自己PRする審査だったので、数週間前から気合を入れて準備をしていました。なのに、そのヒールがない! あるのは、私が履いてきた移動用のスニーカーだけで...、これは本当に焦りました」

しかし王子さんは4次審査を見事通過。審査用の衣装はキレイめの白のロンパースでしたが、「あえてのハズしでスニーカーを合わせました」と堂々と自己PRを行ったそう。機転の良さと強いハートで失敗を成功に変えてしまった王子さん。
「本当はヒールを履きたかったのですが(笑)。でも、もしヒールを履いていたら通過できなかったのかもしれませんね」

実はそのスニーカーは、友人たちがプレゼントしてくれたもの。彼女の好きな言葉"良い靴は良い場所に連れて行ってくれる"、その言葉通りの奇跡を起こして、王子さんを夢の舞台であるTGCランウェイに導いてくれたのかもしれません!

モデルの王子咲希さん

自己管理は毎日の中に組み込んで"当たり前"に

TGCデビューに向けてはもちろん、モデルとして普段からケアを怠らない王子さん。
「お風呂あがりにはストレッチやマッサージ、保湿重視のスキンケア。ここぞのときには、ネイル、ヘアなどのサロン巡りを1日に詰め込んで(笑)、モチベーションもアップさせています」

また、TGCデビュー前から始めていたウォーキングレッスンも「猫背と首が前に出るクセを正してくれた」そう。レッスンを始めてから「正しい姿勢でいるほうがラクになった」という彼女は、キレイな姿勢がもはや当たり前になっているんですね。

コンプレックス解決策は、自分で見つけてすぐ実践!

2万人の頂点に立った王子さんですが、そんな彼女もコンプレックスを抱えているといいます。
「私の目の二重幅は狭いんです。なので、濃いアイシャドウではなく薄めのものをまぶた全体に伸ばしたほうが二重幅がキレイに見えるとか、アイラインが太すぎると目が小さく見えるとか、雑誌やネットで研究しています。『二重幅 狭い メイク』などのキーワードで検索もしますよ(笑)」

また、ファッションやヘアの悩みにもとことん向き合うのが彼女流。
「フェイスラインがシャープに見えるようにハイネックを避けてみたり、肩幅が強調される肩ひもが細いタンクトップを選ばないようにしています。ヘアスタイルは頭のハチが張っているので、ボリュームを出し過ぎないとか、まとめ髪は後れ毛を出すようにしたり...」など、工夫してコンプレックス解消の努力を惜しみません。
「モデルとしてもっと成長したい」、その想いの積み重ねが王子さんを輝かせ、TGCという大舞台に押し上げたのです。

オーディションに勝ち進むことが弱気を消してくれた

2万人の応募者の中からTGCデビューを勝ち取った王子さんですが、今の心境は?
「TGCでランウェイを歩くことが夢でしたが、歩き終わってみると『もっと歩きたい!』という想いが強くなりました」。

オーディションでも、審査が進むにつれ不安になるどころか、「勝ち進むことが自分の弱気を消してくれた」という王子さん。「飛び抜けた特技がない私は、『TGCで歩きたい!』という気持ちを強く強く込めてオーディションに挑んできた」そう。夢を実現させる強い気持ち、そして、夢の実現を新たなスタートにしてしまうポジティブなパワーはどこから生まれてくるのでしょう。

新たな挑戦は必ず自分を変えてくれる

TGCランウェイデビューという、大きな挑戦と向き合った王子さん。ジャンルや規模は違うものの、私たちの日常にも新たな一歩を踏み出すデビューのタイミングが必ずあります。

「私の場合は、家族や友人の励ましが背中を押してくれました。心強かったのはもちろんですが...、『挑戦する』と決めたのは自分自身。今このチャンスを掴まなければ! という気持ちに突き動かされました。そして、こう考えたんです。『挑戦してみて、受かればランウェイを歩けるし、落ちれば日常に戻るだけ』って。
新しい挑戦は不安になることもあります。成功したら毎日が変わるけど、失敗しても元の場所に帰ればいい。でも、『挑戦したんだ』っていう自分の体験や気持ちは、挑戦する前の自分より確実に成長していると、私は思っています」。



王子咲希(おうじ さき)
1995年9月2日生まれ、神戸出身。日本最大級のオーディション「東京ガールズオーディション(TGA)」で資生堂賞を勝ち獲りTGCでランウェイデビュー。
オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/sakiouji/

トップス ¥15,000/Language ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
Language ルミネ 2 新宿店:(03)3345-5766

photo:山本絢子

●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。