トレンド・ライフスタイル

じつは編み込みより簡単。ボブでもできるフィッシュボーンアレンジ

じつは編み込みより簡単。ボブでもできるフィッシュボーンアレンジ

フィッシュボーンって、ロングヘア限定のアレンジだと思っていませんか? じつはボブでも可能なうえ、手順さえ覚えれば編み込みより簡単にできちゃうんです! 資生堂ヘア&メーキャップアーティストの渋沢知美さんに、ボブでもできるフィッシュボーンのアレンジテクを教えてもらいました。

フィッシュボーンHOWTO

トップの部分の髪を2つに分け、交差させる

1. 全体にヘアクリームをつけなじませたら、トップの部分の髪を2つに分け、交差させます。

フィッシュボーンを作る

2. ①の毛束のすぐ下から毛束をすくい取り(③)、②の毛束の上を通って交差させ、頭の左側へ持ってきたら、①の毛束とドッキングさせます。今度は、②の毛束のすぐ下から毛束をすくい取り、先ほどドッキングさせた①と③の毛束の上を通って交差させ、頭の右側へ持ってきて、②の毛束とドッキングさせる、という手順を繰り返していきます。

ゴムで結ぶ

3. 2の手順を3~4回繰り返し、フィッシュボーンを耳の下あたりまで作ったら、ゴムで結んで完成です。耳より前の髪は、フィッシュボーンに入れずに後れ毛として残しておくと、こなれ感もアップ♡

3つの毛束を編んでいく編み込みと違い、フィッシュボーンは2つの毛束を編んでいくだけなので、慣れてしまえば編み込みよりパパッとできるアレンジ。また、バックの編み込みはセルフだとなかなかうまく作れませんが、フィッシュボーンなら自分でも作りやすいんですよ。後ろ姿がとても華やかになるアレンジなので、デートのときや遊びに行くときのヘアとしても最適。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

トップス¥3,900/サンタモニカ 原宿店、イヤリング¥1,100、マジェステ¥1,500/ともにお世話や ※価格はすべて税抜き
【問い合わせ先】
サンタモニカ 原宿店:03-5474-1870、お世話や:http://www.osewaya.jp

photo:鈴木花美

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

渋沢知美

渋沢知美

資生堂ヘア&メーキャップアーティスト

2010年資生堂入社。SABFAを卒業後、ビューティークリエーション研究所に所属。ヘアメーキャップアーティストとして、コレクション(NY、パリ、東京)の経験を生かし、宣伝広告、広報活動で活躍。2012年ヘアモード誌上コンテスト最優秀年間賞受賞。
http://hma.shiseidogroup.jp/shibusawa/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。