トレンド・ライフスタイル

幅、素材、サイズ感。痩せ見えが叶う上手なリブニットの選び方

幅、素材、サイズ感。痩せ見えが叶う上手なリブニットの選び方

秋冬に欠かせないアイテムといえばニット。そのニットの中でも今年大注目なのが、リブニットです。でもこのリブニット、太って見えそうで心配な方も多いのではないでしょうか。今日はそんなリブニットの選び方をピッチの太さから素材、下着の選び方まで解説していきます。

Point1. リブの幅は9mm以下がオススメ!

リブの幅OKとNG

左側:OK / 右側:NG

まず大切なのがリブの幅。幅が太いものだと、身体の横幅が強調されてしまい、太って見やすくなります。リブの幅が細いものの方がすっきりとした印象になるので、9mm以下のものを選ぶようにしましょう。

Point2. 素材はウールが◎!

素材の選び方も重要です。ポリウレタンが入ったものは伸縮性があり着やすいのですが、身体のラインに沿い過ぎてしまい、むっちりと見えてしまうので避けた方がベター。また、表面がツルっとしたレーヨンなどの素材もリブの伸び縮みを目立たせてしまうので、着痩せを目指すならウール(毛)など起毛感のあるものがオススメです。身体のラインをほどよくカバーして、むちっと見えるのを防いでくれますよ。

Point3. タイト過ぎるものはNG!

サイズに関しては、タイトすぎるものは身体のラインを拾ってしまい、着太りして見えてしまうので要注意。逆に、あまりゆったりしていても、だらしなく見えてしまうので、肩幅や袖丈はサイズが合うもので、身体のラインを拾いすぎない程よくゆとりのあるものを選びましょう!

Point4. 下着はシームレスを

リブニットは、身体の凹凸感を強調しやすいので、下着にデザインがあるものだと、そのデザインがニットに響いてしまう可能性があります。シームレスなつるっとしたデザインのものを選んで、綺麗なシルエットになるようにしましょう。

この秋冬のスタイリングに欠かすことのできないリブニット。上手に選んで、素敵な着こなしを楽しんでくださいね!

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

石川ともみ

石川ともみ

パーソナルスタイリスト/ファッションプロデューサー

女優・タレント・広告のスタイリストアシスタントを経て独立。「ありのままの自分をもっと好きになる」をテーマに、女性に特化したパーソナルスタイリストとして活動。2014年、Beauty & Co. と資生堂などがコラボした、スタイリストコンテスト「Beauty Stylist Cup」でグランプリを獲得。個人向けスタイリングのほか、メディアへの出演・スタイリング協力、ファッションイベントへの出演、女性向け企画のプロデュースなど、活動の幅を広げている。HP

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。