トレンド・ライフスタイル

顔面評論家が解説!男性からの好感度がアップする、表情&メイクの法則

顔面評論家が解説!男性からの好感度がアップする、表情&メイクの法則

新しい出会いへの期待が高まる春! いつもよりモテや好感度を意識してしまう時期ですよね。「異性から好感の持たれる顔ってどんな顔なの?」ということで、今回は好感度フェイスのポイントをご紹介。教えてくれたのは、顔立ちや表情から多角的に顔を研究している池袋絵意知(えいち)先生です!

男性ウケがいい顔のキーワードは「曲線」!

「男性は、血色がよく、艶やかで滑らかな肌に好感を抱きます。そして一番重要なのは曲線的なパーツや輪郭。生まれ持った身体のパーツは変えられませんが、メイクや表情で好感度が得られる顔を作ることはできます」と話す池袋さん。
好感度アップにつながる各パーツのポイントを教えてもらいました。

ポイントその①:眉毛は曲線的にして女性らしさをアピール

「眉毛はアーチ形がベスト! それは、直線よりも曲線の形のほうが女性らしさを演出しやすいからです。もともとの眉毛の生え方がストレートという人は、眉尻だけでもゆるやかに下げることで優しい印象がプラスされ、好感度アップにつながります」(池袋さん)

ポイントその②:目の輪郭を自然に丸く見せる

「瞳を大きく見せることに一生懸命になっている女性が多いですが、カラコンやつけまつげ、盛り過ぎた目元は好感度を下げるためNG。大切なのは、例え目が小さくても一重まぶたでも、目の輪郭を自然に丸く見せること。その点では、目尻のアイラインは、はね上げるよりも下げるように描いたほうが効果的と言えます」(池袋さん)

ポイントその③:頬の高いところに丸みを

「顔の中で丸みを強調できるパーツは頬。とはいえ、チークが目立ちすぎるメイクはNGです。自分の肌色にあったピンクを、頬の一番高いところを中心に丸く入れましょう。あくまでもさりげなく!」(池袋さん)

ポイントその④:口元は曲線と立体感を重視

「唇は、縦の幅と曲線的な輪郭を意識して、ふっくらと立体感を出すのが理想的。だからと言って、グロスをつけすぎないように注意しましょう。ポンポンとつけて適度な艶が出る程度に」(池袋さん)

紹介したポイントを網羅しても、表情が暗いと台無しだと池袋さんは話します。
「やっぱり笑顔が大切です。口角だけではなく頬を盛り上げること。そして、笑った時に上の歯だけが見え、歯の縦幅と下唇の縦幅が同じくらいになるのがバランスのいい笑顔です。さらに、眉間を開くようにしていると人を受け入れる表情になり、さらなる好感度アップを引き寄せますよ」(池袋さん)

まずは自分の顔をじ〜っくり観察してみて。そして、笑顔の練習も忘れずに♪ 出会いの季節、いいスタートを切ってくださいね。

お話を伺ったのは...
観相家/顔研究家/顔面評論家・池袋絵意知さん
古典的な観相学だけでなく、自然人類学や色彩心理の研究を取り入れるなど多角的な方面から顔を研究し、独自の顔面観相術「ふくろう流観相学」を確立する。日本顔学会会員。著書に『あなたは何顔美人?』『最強モテ顔講座』など。

photo:Shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。