トレンド・ライフスタイル

花粉&乾燥によるガビガビ肌が5分でモッチリ!乳液&コットンだけで今すぐできる「乳液湿布」って?

花粉&乾燥によるガビガビ肌が5分でモッチリ!乳液&コットンだけで今すぐできる「乳液湿布」って?

季節の変わり目や花粉などにより、ある意味、真冬以上に肌が乾きやすいともいえるこの時期...。そんな手ごわい乾燥でも、普段使っている「乳液」をひと工夫するだけで、モッチモチのうるおい肌に整えられる方法があるのだそう! そこで今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの辻ひとみさんに、乳液とコットンがあれば即実践できる「乳液湿布」のやり方を教えてもらいました。

春先の乾燥には、手軽でコスパ良好の「乳液湿布」がぴったり

この時期のお肌は、まだ冬の乾燥ダメージが蓄積されているうえ、寒暖差や花粉、紫外線などの影響もあり、肌内部からの水分蒸散を防ぐ役目を持つ"細胞間脂質"の配列が乱れ、保湿機能やバリア機能が低下しやすい状況にあります。だからこそ、普段以上に保湿が重要。シートマスクなどを使用するのももちろんいいのですが、もっと手軽でコスパもいい「乳液湿布」がおすすめです。「乳液湿布」で油分や保湿剤を補給することで"細胞間脂質"の配列が整い、肌内部からしっかりうるおった肌に導くことができますよ。

乳液湿布ってどうやって行うの?

いつもどおりに化粧水と乳液でスキンケアをしたら、大きめのコットンを2枚に裂き、毛羽立ちがない面に乳液を適量出します。指の側面を使ってコットン全体に乳液を広げたら、乾燥が気になる部分にぺたっと貼り付けて5分間キープ。5分経ったらコットンをはがし、肌表面に残っている乳液を手でしっかりなじませれば完了です。鼻の下や目のキワなどの乾燥が気になる際は、裂いたコットンを2つに折りたたんで使用すると、細かいパーツにも対応できます。

まるでお餅みたい! うるモチ肌が1日続く

「乳液湿布」の魅力は、湿布後の肌がうるおいをしっかり補給してモチモチした感触になることです。コットンを使ったパックというと、化粧水で行うローションパックが有名ですが、乳液湿布はローションパックよりもさらに保湿効果が得られるので、過剰にダメージを受けている春先の肌には、本当におすすめ。夜のケアはもちろん、メイク前に行えば、ファンデーションのノリも格段にUPし、1日中モッチリした肌感触に。

辻さんいわく「乳液湿布」は、「まるでつきたてのお餅のように、やわらかく弾力のあるふっくら肌に導いてくれるので、資生堂の美容部員は特にこの時季毎日欠かさず行っているほど」なのだそう! 美容のプロが大絶賛するケア方法、さっそく今日から試してみたいですね。

photo:shuttertock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。