トレンド・ライフスタイル

放置すると数歳老けこむかも!?肌の「夏バテ度診断」を今すぐチェック♪

放置すると数歳老けこむかも!?肌の「夏バテ度診断」を今すぐチェック♪

夏は、花火に海にフェスにBBQなど、楽しいイベントがいっぱい! でも、きちんと肌のケアをしていないと、肌も「夏バテ」状態になってしまいます。放置すると肌トラブルへと発展し、数歳老けこんで見えてしまう可能性が...。そうならないために、まずは夏バテ肌の原因となる生活習慣やスキンケアをしていないか診断することから始めましょ!

あなたは大丈夫? 「夏バテ肌診断」してみよう!

以下のチェック項目に当てはまるものが多い人は夏バテ肌になっている可能性大!

  • 日焼け止めは朝塗るだけで、持ち歩かない
  • レジャーも通勤用も全て同じ日焼け止めを使用している
  • スキンケアは化粧水だけで済ませる
  • 暑い日は冷たい飲み物・食べ物しか摂らない
  • クーラーのきいた部屋にいることがほとんど
  • 夏のお風呂は湯船につからずシャワーだけ
  • メイク用のパフやブラシをしばらく洗っていない

当てはまる項目があった人は、まずその行動を見直すことから始めましょう! その他にも、夏バテ肌を回避するためのポイントもご紹介します。

夏バテ肌を寄せ付けない美容習慣って?

夏バテ肌になる人とならない人の差は、つまり"生活習慣の差"。日々のスキンケアやバランスの取れた食事などを改めて意識するようにしましょう。

スキンケアに関しては、皮脂が分泌されて酸化するのを防ぐため、朝のケアにはUVコスメの前にビタミンC誘導体などが配合された、抗酸化系アイテムを取り入れましょう。夜のケアは、肌のターンオーバーを促すレチノール配合のコスメがオススメ。また、夏は冷房にさらされて乾燥するので、保湿もお忘れなく。

食生活では、抗酸化作用のあるビタミンC(ベリー系、バナナ、マンゴーなど)や、紫外線対策にもなるビタミンA(鶏や豚のレバー、緑黄色野菜)、ビタミンE(アーモンドや卵)、リコピン(トマトやスイカ)を積極的に摂るのもオススメですよ!

秋を迎えた時に「老けた?」と思われないように、今から生活習慣を見直してみましょう!

お話を伺ったのは...
銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生
東京女子医科大学医学部医学科卒業。最新の照射治療とヒアルロン酸注入を組み合わせたメスを使わないナチュラルな美容医療に定評。見た目年齢マイナス7歳を図ってくれるクリニック。近著にスキンケアやメイクアップに関する基本知識がたっぷりの「365日のスキンケア」(池田書店)が好評発売中。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。