トレンド・ライフスタイル

今っぽ太眉を簡単にGET♪不器用さんにこそおすすめしたいツールはコレ!

今っぽ太眉を簡単にGET♪不器用さんにこそおすすめしたいツールはコレ!

メイクのなかでも、上手く描くのが難しいといわれる「眉」。キレイに描こうと思えば思うほどわざとらしくなったりして、眉を上手に描くのって本当に難しいですよね...。そんな眉の苦手意識を克服できるアイテムを発見♪ なんと「チップ」を使って描くと、とっても自然な今どき眉が簡単に描けちゃうんです!

描く「ツール」によって仕上がりはこんなに違う!

左:ブラシのみで描いた場合/右:チップのみで描いた場合

今どきのふんわりしたナチュラル眉を描くときに使用するものといえば、パウダーアイブロウ。パウダーの場合はブラシを使用して眉を描くのが一般的ですが、ブラシ使いが上手くできないと、パウダーがムラづきになったり、眉の曲線が上手く描けなかったり、ぼかしすぎてしまったり...という失敗をすることも多いもの。

そんな失敗あるあるが、チップで描くことで解消されるんです! チップはブラシよりも、コスメの色をしっかり発色させたり、色を密着させたりする効果が高い道具なので、ムラづきを少なくしてくれます。また、チップには丸い部分と尖った部分があるため、丸い部分で眉頭などの曲線を描き、尖った部分で眉尻や眉山などの細かい部分を描けばOK。さらに、眉の輪郭をぼかす際も、チップだからこそ出せるにじみ感が今っぽいふんわり太眉を演出してくれますよ♪

チップで描く「ふんわり太眉」のHOWTO

1. チップの丸くなっている部分を寝かせるように眉に当て、自眉が薄い部分や毛が生えていない部分を描き足します。ポンポンと小刻みにチップを動かすのが◎。

2. ふんわり太眉を描くなら、眉山から眉尻もチップの尖っている部分で整えてOK。ペンシルを使うような感覚で描いてみて。

3. 1と同じ丸い部分を使って、眉頭の丸みや眉山の下の丸みなどを調整。丸みを出したい部分にチップをポンポンと当てるだけで、自然な丸みを描くことができます。最後に、チップについたパウダーをティッシュなどで落としてから眉の輪郭を軽くぼかしていくと、ふんわりとしたナチュラル眉の完成です。

チップだけで眉のいろいろな部分を描き分けることが可能なので、眉を描くのが苦手な人でも、簡単に理想的な眉に仕上げることができます。チップ眉で苦手意識を克服しましょう!

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

イトウウミ

イトウウミ

フリーライター/奥二重研究家

美容部員・エステティシャンを経て、フリーライターへ転身。現在は、WEBを中心に美容記事などを企画&執筆。自身のコンプレックスでもある「奥二重まぶた」をかわいく見せるメイクテクや、「毛穴悩み」を改善するスキンケアテクなど、独自の美容法を発信している。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。