トレンド・ライフスタイル

女顔のコンサバ印象を回避!抜け感たっぷりモテ顔に変身させるワザって?

女顔のコンサバ印象を回避!抜け感たっぷりモテ顔に変身させるワザって?

フェミニンな印象を受ける女顔。メイクで色っぽく、華やかになれる顔ですが、一歩間違えると少し古くさいコンサバメイクに陥りがち...。そこで今回は、女顔さんでもコンサバを回避しつつモテる抜け感メイクをご紹介します。

女顔の特徴って?

女顔の特徴は、1つ目に色白で肌のキメが整っていることが挙げられます。2つ目は、あごのラインがほっそりしていること。華奢な感じが女性らしさを醸し出します。3つ目は、唇がふっくらとしていること。唇は女性らしさを象徴するパーツのひとつです。ボリュームがあって、男性が思わず「触れたい」と思うような唇は女顔の特徴といえます。

女顔さんのコンサバすぎないモテメイクって? 

そんな女顔さんはメリットばかりと思われがちですが、王道のコンサバメイクをすると古くさい印象になりがち。オシャレカラーを取り入れたり、質感で変化をつけたりして、好感度の高い「抜け感」を出すのがオススメです。

①さりげないボルドーラインで色っぽく

さりげないボルドーラインで色っぽく

色白な女顔さんはどんな色も映えるというメリットも。まぶたにブラウンシャドウを塗り、黒orブラウンのライナーでインラインを引いたら、まぶたの中央にボルドーのラインをプラスします。トレンド感があって女性らしいボルドーのラインを引いていれば、一目置かれる存在に♡ 目元がうるんで見えて色気も醸し出せます。

伏し目になったときに分かるくらいのさりげなさが◎。一見ナチュラルなのにハッとするほど色っぽい眼差しに、男性もドキッとするはず。

②質感を変えたコーラルのワントーンメイク

好感度抜群のコーラルはモテカラーの大本命。チークやリップをコーラルで彩ってワントーンにまとめましょう。そこでこだわるべきは質感。コーラル1色でクドい印象にならないよう、パーツごとに質感を変えるのがポイントです。

質感を変えたコーラルのワントーンメイク

リップは、ルージュを塗った上にキラキラのラメグロスを重ねてパーリィに。女性らしい唇がよりふっくらとして立体的に仕上がります。

質感を変えたコーラルのワントーンメイク

チークは、クリームタイプのものを使ってしっとりとしたツヤ感を演出。さりげなくともリップと質感を変えることで、ワントーンメイクにありがちなのっぺり顔にならず、顔にメリハリが生まれます。

色や質感で変化をつければ、古くさくならず今どきモテ顔にアップデートできます。女顔さんが元々持つフェミニンな印象はそのままに、モテ要素の「抜け感」をメイクで足してあげましょう♪

photo:shutterstock(1枚目)
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

松下侑衣花

松下侑衣花

美容ライター

雑誌、WEBにて美容をメインに執筆。3度の飯よりコスメが好きで、プチプラからデパコスまで網羅している。気に入ったコスメ、多様な使い方ができるコスメを見つけては記事やSNSで紹介中。#美金(=金曜日の夜は美に励む)の提唱者でもある。Twitterinstagramブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。