トレンド・ライフスタイル

【専門家直伝】選び方からケア方法まで♪ハイヒール痛を解消する方法

【専門家直伝】選び方からケア方法まで♪ハイヒール痛を解消する方法

ハイヒールで颯爽と歩く姿は、スタイリッシュで素敵ですが、「久しぶりに履いたら足が痛くなった」という経験がある女性は多いはず。そこで、ハイヒール痛の原因と、その対策をご紹介します。足の悩み研究家・エイジレスフットアドバイザーとして活躍中の大多和圭子さんにお話をお伺いしました!

久しぶりにハイヒールを履くと足が痛くなる! その原因は?

スニーカーやペタンコ靴などでも楽しめるオシャレが定着している今、つい脱ぎ履きしやすい緩めの靴や、大きめサイズの靴を選んで、自分の足の形と合わない靴を履き続けてしまうことも。
すると、「幅広・甲低」になり、本来、足の裏にあるはずの美しいアーチが崩れて偏平足気味になってしまうことがあるそうです。すると、土踏まずの「体を支える」という働きが低下するため、久しぶりにヒールを履いた時にバランスが崩れて足に痛みが出てしまうのです。

また、歩き方の癖もヒールを履いた足が痛くなる大きな原因に。 楽チン靴を履いている時は、知らず知らずのうちに足を引きずって歩く傾向にあります。それが習慣になると、足首からふくらはぎの筋力が弱くなってしまうのです。
ふくらはぎに筋力がないと、華奢なヒールではバランスが保てなくなるため、長時間の歩行に影響が出てしまうというわけです。

ハイヒールを履いても足が痛くならない方法

ハイヒール痛を防ぐためには「ハイヒールが足に合っているか否か」を、見極めることがとても大切です。そこで、簡単にできるチェック方法とデイリーケアをご紹介したいと思います。

パンプスタイプのハイヒールの選び方

まず、靴を履いたときに爪が当たって痛くないか、爪が押されていないか、足先の捨て寸(靴の先端とつま先の空間)をチェックしましょう。そして、靴の履き口に隙間がないものを選び、かかとを上げ下げして脱げないかどうかを必ず試し、何歩か歩いてみることがポイントです!

サンダルタイプのハイヒールの選び方

足指から足の甲のストラップデザインが足にしっかりフィットしているかどうか、爪先立ちのときにストラップが食い込まないかどうかをチェックしましょう。ストラップが細すぎると足に食い込みやすいため、ハイヒール初心者は細すぎるストラップを避けたほうが無難です。

購入前にしっかりチェックして、ぴったりだったはずのハイヒールも、履いているうちに型崩れを起こして歪んでしまいます。使用後はシューズキーパーを入れるなどして、靴の形を保つようにしましょう。また、サイズが合わなくなってきたら、足裏のアーチをサポートするものや、滑り止め効果のあるインソールを活用すると足の負担が軽減します。
足の指や足の裏、アキレス腱などをストレッチすることも効果的ですよ!

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。