トレンド・ライフスタイル

「睡眠借金」の返済方法って?寝ても疲れが取れないとき、見直すべき3つのポイント

「睡眠借金」の返済方法って?寝ても疲れが取れないとき、見直すべき3つのポイント

睡眠不足が続くと、 "睡眠の借金"が溜まっている可能性があります。取れなかった分の睡眠時間を取り戻すのに時間がかかり、たくさん寝ても疲れや眠気が取れないのです。そこで今回は、睡眠の借金が身体に及ぼす影響と質の高い眠りにつく方法を、西野精治さん著書『スタンフォード式最高の睡眠』より、ご紹介したいと思います♪

睡眠借金が溜まった状態とは

睡眠不足が続くと、まるで借金同様にじわじわと負債が積み重なり、気づかぬうちに心身の機能が低下している可能性があります。見た目はもちろん、勉強や仕事、さらには、人間関係など、ありとあらゆるパフォーマンスを下げてしまう原因に。また、病気のリスクまで高めてしまうというから、睡眠不足は本当に恐ろしいんです!

睡眠の借金を清算する方法

睡眠借金を清算する鍵は、単に長時間眠れば解決するわけではなく、睡眠の質を向上させることにあるそう。睡眠の質を高めるためには、特に入眠してすぐの90分が重要で、これを「黄金の90分」と呼んでいます。スムーズに深い眠りに入るためには、体温と脳が重要なファクターとなるそう。3つのポイントをまとめました。

身体を適温に。就寝90分前の入浴

ベットに入る約90分前に入浴を済ませましょう。入浴で意図的に皮膚の温度を上げることで、通常は皮膚よりも高めになっている身体の深部体温との差が縮まり、よく眠れるようになるんだそう。90分前くらいがベストなわけは、皮膚温が高すぎると眠りにくいからです。

寝苦しいのを我慢してない? 室温を整える

入眠後は発汗することで熱放散が起こり、自然と体温が下がります。温度が高いと発汗しすぎて風邪をひきやすくなりますし、逆に室温が低すぎると血行が悪くなり、眠りの質が悪くなります。適温は個人差が激しいですが、心身にとって心地よい温度を模索し、エアコン等で適切な室温をキープすることがとても大切です。

スマホはNO! 頭を使わずリラックス

就寝時は、スマホやタブレットなどの電子機器はNG。脳に刺激を与えると覚醒して眠れなくなるため、考え事もストップ! できる限りリラックスできる環境をつくりましょう。脳は考えることをやめると自然と眠りのスイッチが入り、深い睡眠をとれるようになります。

良質な睡眠は、生命を維持するために欠かせない自律神経を整え、細胞の成長や新陳代謝促進を司る成長ホルモンの分泌を高める効果があります。さらには、脳のコンディションを上げるので、実力を最大限発揮しその日1日を無駄なく過ごすことができるようになります。
就寝時の習慣を見直し、質の高い睡眠をとれるよう心がけましょう。

参考文献:西野精治著『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。