トレンド・ライフスタイル

実は人に見られてる!「首くすみ」3つの原因と対策を皮膚科医が伝授

実は人に見られてる!「首くすみ」3つの原因と対策を皮膚科医が伝授

鏡を見て「あれ? 首がなんか黒い...!?」ということはありませんか? 顔のスキンケアは怠らないという人も、案外気を抜いてしまうのが首のケア。実は、顔の皮膚と比べると皮脂量や血流量が少なく、シワやたるみ、くすみなどに悩まされることが多いのです。そこで今回はその原因と予防法を美容皮膚科シロノクリニック恵比寿院の中川桂副院長にお話を伺いました。

首が黒く見える主な3つの原因と対策

首が黒く見える原因はいくつかあります。そもそもなぜ首が黒く見えるのか、しくみとその対策をご紹介します。

日焼け

紫外線によるダメージを受けると当然黒くなります。顔に日焼け止めを塗っても、首への対策はおろそかになりがち。日焼け対策をし、メイクを施した顔と比べると、何もしていない首はより一層黒く見えてしまいます。

【対策】
紫外線は防御するのが一番。首は皮膚が薄い上に、年中日光にさらされていて、紫外線のダメージを受けやすいのです。日焼け止めは顔だけでなく、首の前後まで徹底的に塗りましょう。

乾燥

首の皮膚はとても薄いので乾燥しやすく、年齢が出やすいパーツでもあります。乾燥すると皮膚のターンオーバーが乱れるので、角質層が分厚くなり透明感が失われます。そのため首はくすんで見えるのです。

【対策】
保湿はスキンケアの基本です。特別なケアをしなくても、お風呂上りのフェイスケアついでに首までケアをする意識を持つといいでしょう。化粧水や乳液を塗る際は、一方向に丁寧に広げて浸透させていく方法が効果的ですので、首も同様に下から上に向かって丁寧に浸透させましょう。

刺激

肌への刺激も黒ずみの原因に。衣服の摩擦や肌をこすったり掻いたりすることでメラノサイトが刺激されメラニンが増えます。これらを繰り返すと次第に色素沈着が進み、黒ずみが定着するようになってしまいます。

【対策】
これからの季節、マフラーやストールなどを巻く機会も増えてきます。汗をかくと雑菌が繁殖し、肌ダメージの原因になるので、通気性の良い素材を選ぶようにしましょう。また、入浴時にナイロンタオルなどでゴシゴシこすって洗うこともNGです。皆さん、顔は優しく洗いますよね。首も顔と同じということを忘れないでください。

肌は刺激を避けることが重要です。首も顔と同じデリケートな肌であり、人目につきやすい場所だということを認識しましょう。そうすれば自然と優しくケアをするようになるのではないでしょうか。毎日のケアで首美人を目指しましょう!

今回お話を伺ったのは...
シロノクリニック
最先端・最高峰・最善最適のレーザー治療・アンチエイジング専門のクリニック。内科・外科・麻酔科など、さまざまなバックブランドを持つ医師たちが、健康的に若さを維持していきたい、美しく年を重ねていきたい患者さまをサポートします。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。