トレンド・ライフスタイル

プロが教える初心者向けカーキメイク♪取り入れやすさの秘訣は「縦グラデ」

プロが教える初心者向けカーキメイク♪取り入れやすさの秘訣は「縦グラデ」

毎年秋になるとトレンドカラーに浮上する「カーキ」。使ってみたいけれど、イマイチ使い方が分からない、顔色がくすんで見えそう、モードっぽくなり過ぎちゃうかも、と敬遠している人も多いはず。そこで、カーキシャドウ初心者さんに向け、取り入れやすくするコツをヘアメイクアップアーティストの松本聖子さんに教えてもらいました。

モード系&くすみ顔にならないカーキメイクHOWTO

アイメイク

1. シャンパンゴールド系のアイシャドウをチップに取り、上まぶたの目頭3分の1になじませます。
2. 次に、パールの入った明るいグレーシャドウをチップに取ったら、目の中央部分にON。
3. 最後にカーキのシャドウをチップに取り、目尻側になじませます。

自然になじませるため3色は少しずつ重なりますが、カーキはぼかしすぎるとくすみがちに。まぶたにのせたらサッとなじませる程度におさえ、ぼかしすぎないのがコツですよ。

4. ブラウンのペンシルアイライナーを目のキワに入れ引き締めましょう。さらに、先ほど目頭に入れたシャンパンゴールドのシャドウを下まぶたにも入れます。

下まぶたのシャンパンゴールドの輝きが目元の「くすみ」をオフしてくれます。

カーキシャドウは「縦グラデーション」と「下まぶたシャドウ」テクを駆使して、くすみ知らずの目元を手に入れてくださいね。

チーク&リップ

カーキにはオレンジを合わせがちですが、黄ぐすみしやすいという懸念も。そのため、チーク&リップには「レッド系」を持ってくるのが◎。
さらに、チークはいつもより少し内側寄りに入れるのがポイント! 可愛らしさがアップし、カーキのクールさを緩和してくれますよ。

カーキは、凛とした上品な印象も醸し出せるカラー。トレンドメイクを楽しみたいときはもちろん、いつもと違った雰囲気に見せたいときにも役立ってくれるんです。今までチャレンジできなかった人も、この秋はぜひカーキシャドウデビューを果たしてみてくださいね。

photo:鈴木花美 model:岩本知世

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメイクを中心に、各地のコレクションやヘアメイクアップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。