トレンド・ライフスタイル

今更聞けない!?クッションファンデの魅力&使い方徹底解説!時短で美ツヤ肌をGET

今更聞けない!?クッションファンデの魅力&使い方徹底解説!時短で美ツヤ肌をGET

登場以来、瞬く間に人気アイテムとなった「クッションファンデーション」。いい! とは聞くけれど、具体的にどういいのか、今までのファンデーションと何が違うのか、実はよくわからない...という人も多いはず。そこで、資生堂webビューティーコンサルタントの西村美保さんに、今さら聞けないクッションファンデーションの魅力を教えてもらいました。

リキッドとパウダリーのいいとこどり!

リキッドファンデーションのみずみずしさと、パウダリーファンデーションのサラサラ感を併せ持ち、今っぽいツヤ肌を簡単に作れるのが、クッションファンデーションの特徴。スポンジでできた「クッション」にみずみずしいリキッドファンデーションをしみこませているので、パフで付けるだけで理想のベースメイクをテクニックフリーで実現できる手軽さが魅力です。

また、持ち歩きに便利なうえ、塗り直しても簡単に均一でムラのない肌を再現できるので、メイク直し用として使うのも◎。パウダリーファンデーションだと乾燥しちゃうけど、リキッドでは上手くお直しできない...と悩んでいた人にもおすすめですよ。

パウダリーファンデーション感覚で、リキッドファンデーションで仕上げたような美ツヤ肌が簡単に作れ、さらに乾燥なども気にならないなんて嬉しいですよね。

「スタンプ塗り」で超絶美肌に!

手軽さが魅力のクッションファンデーションですが、塗り方のコツを覚えると、さらに美しい肌を手に入れることができます。

クッションファンデの上手な塗り方

1. 指2~3本をパフに添え、クッション面をパフで軽く2~3回押し当て、ファンデーションを適量取ります。
2. 頬の高い部分やカバーしたい部分から、やさしくトントンと置くようにしながら広げます。
3. パフに残ったファンデーションで顔の中心~鼻、口まわり、フェイスラインに優しくトントンと広げます。
4. 目のまわりは軽く抑えるように。小鼻や目のキワなど細かい部分は、指でなじませましょう。
5. 少なめの量を再度パフに取り、眉間から額に向かってやさしくトントンと広げて完成です。

美容部員はやっている!! 塗り方のコツ大公開♪

  • 仕上がりの好みや個人差もありますが、「パフ半分の量=半顔の量」を目安にしておけば、多く取りすぎてムラに! なんてこともなくなりますよ。
  • パフへの取れが良いので、強く押し付けすぎないように。
  • 美ツヤ演出の鍵は、トントンとスタンプを押すように塗ること。肌にファンデーションがピタッと密着し、まるでもともと「ツヤ美肌」のように仕上がります! 「パフを滑らせない」が合言葉です。
  • ツヤを重視したい場合は、頬の高いところなど、ツヤをアップさせたい部位に、繰り返しトントンとたたき込むのがイチオシです。

  • 小鼻や目のキワなど細かい部分には、パフを半分に折って使うと◎。外出先など、指を汚したくない場合にも最適です。

仕上がりの美しさに、「一度使うと手放せない!」という人が後を絶たないと噂のクッションファンデーション。手軽さもクオリティも両方欲しい! という人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、チャットで気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。