トレンド・ライフスタイル

ファンデは◯◯に合わせて選ぶべし!「顔だけ浮く」悩みを解消するテク♪

ファンデは◯◯に合わせて選ぶべし!「顔だけ浮く」悩みを解消するテク♪

メイクは「似合っている」ことが一番大切! でも意外と見落としがちなのが、ファンデーションの色選びです。色白に見せたいからといった理由だけで、つい肌より明るい色を選んではいませんか? メイク中や鏡を見るときは顔のパーツに目がいきがちで気づきにくいのですが、人から見ると実は結構気になるのが、顔と首の色との差です。そこで今回は、ファンデーションカラーを顔から首にかけて自然に見せる方法をご紹介します。

色選びはフェイスラインに合わせるべし!

まずは、ファンデーションの色選びのポイントからレクチャー。顔の色に合わせる、首の色に合わせるなど色々な方法がありますが、おすすめはフェイスラインの色を目安にすること。どちらかに偏るのではなく境目の色に合わせることで、顔と首のどちらにもなじみやすくなります。

"エラ逃し塗り"で顔から首にかけて自然になじむ肌色に

ファンデーションの塗り方にも、顔と首の色を自然に見せるコツがあります。顔の中心をメインに塗り、フェイスラインは余ったファンデをなじませる程度にしておきます。この"エラ逃し塗り"をすれば、フェイスラインから首にかけて色の差が少なくなるので、「ちょっと明るい色を選びすぎたかな?」というときにもおすすめですよ。

「ファンデーション塗ってます感」が出てしまう、顔と首の色ムラ。首までが顔だと思ってメイクを意識することで、美人度がグッと高まりますよ♪

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。