トレンド・ライフスタイル

アラサーにありがちなNGメイクと解消テク。SNSで人気の美容マニアが伝授♪

アラサーにありがちなNGメイクと解消テク。SNSで人気の美容マニアが伝授♪

アラサーになると、自分好みのメイクが確立されてきて、特にやり方を見直す機会は少ないかもしれません。でも良かれと思ってやっていたメイクが、実はやりすぎていたり、古臭く見えてしまっているとしたら...!? そこで今回はTwitterで人気の美容マニア・雪さんにアラサー女子がやってしまいがちなNGメイクとその解消法について伺いました♪

アラサーこそ、意識的にメイクもアップデートしなきゃ!

こんにちは! 美容マニアの雪です。
服は流行がわかりやすいし、ヘアは美容室に行けばプロの意見が聞けてアップデートしやすいのに対し、メイクは見直す機会が少なく昔と同じ方法やアイテムを引きずってしまいがちですよね。私がアラサーになって意識するようになったのは「1.やりすぎない(自然かどうか)2.隠すのではなく活かす」の2つ。早速アラサーがかかりやすいメイクの呪いを紹介します。

メイクの呪い その1
→ファンデは厚く塗らないと出かけられない

アラサーになると隠したい部分が増えたり、その隠しテクも覚えたこともあり...気づけばぬり壁状態! なんて方も少なくないのでは? アラサーのメイクは隠しすぎず、素肌を活かすくらいが正解です。この機会に「ヘタに塗るほど"ぶちゃいく"」という呪文をぜひ覚えてくださいね。

この呪いの解消法

目立つ毛穴は、パール入りの下地とハイライトの光の効果でやっつけましょう。まず、頬などの毛穴の目立つ部分に、パール入りの下地をON。そして、スポンジで優しく叩いて密着させてください。

ファンデはごく少量を顔にうすーくなじませまたら、手のひら全体でピタッと浸透させます。小鼻の脇の赤みが目立つ方は、コンシーラーでカバーしましょう。小鼻に赤みがあるとアカ抜けないので、ここだけはちゃんと隠すと覚えておきましょう!

お粉は最小限にとどめ、適度なツヤを肌に残しておいてください。仕上げにハイライトを重ねていきます。目の下の三角ゾーンとほうれい線、鼻筋にON。光を味方につければ、薄塗りでも毛穴は目立たなくなります!

メイクの呪い その2
→似合わない眉でメイクダウンしている

印象をアップさせるためのメイクなのに、似合わない眉で"メイクダウン"していませんか? 顔の印象を1番左右するのは眉です。そして最も流行りが現れるのも眉です。最近の流行はナチュラルな平行眉なので、角度のつきすぎた眉や細すぎる眉は古臭く見られがちです。また、眉の色が明るすぎるのもアラサー女子がかかりやすい呪いの1つ...。

この呪いの解消法

眉頭は目頭の真上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ線の延長線上、眉山は黒目から目尻の間にあるとバランス良く見えます。今一度眉の形を見直してみましょう。

眉の色は眉の中央を1番濃く描き、眉頭にかけて薄くするのがあか抜けのコツです。 それに対して、太さは眉頭が1番太くなるのが正解。つまり、中心からパウダーをのせて→眉尻→眉頭の順でなじませるとうまくいきます。 眉頭を描く前は、途中でパウダーを足さないでくださいね。

眉頭の幅が細すぎて(特に上の部分)、角度がついたように見えてしまっている人はとても多いです。 わたしも自眉は眉頭の上が欠けているように見えるので、流行りのナチュラルな平行眉に近づけるため、 ブラシでパウダーをとり、優しくぼかして眉頭の幅を足しています。

せっかくメイクをするなら、"メイクダウン"ではなくしっかり"メイクアップ"できる方法で。メイクの力を味方につけて美しくなることを楽しみましょう!

今回お話を伺ったのは...
さん
2016年夏頃より趣味の美容をTwitterで発信し始める。 現在フォロワー約79000人。 美容好きが高じて、健康美肌指導士、化粧品検定を取得。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。