トレンド・ライフスタイル

女子力UP、リラックス...効果別にバスタイムで香りを楽しむプロのテク

女子力UP、リラックス...効果別にバスタイムで香りを楽しむプロのテク

バスタイムは冷えた身体を温めて、1日の疲れを癒してくれる大切な時間。そんなバスタイムに香りをプラスすれば、心&身体にさらに嬉しい効果が期待できます♪ そこで、フレグランスアドバイザーのMAHOさんに、香りをお風呂で楽しむことでもたらされるメリットと、用途別香りの使い分けをレクチャーしてもらいました!

+香りでバスタイムのリラックス効果がUP!

「香りを嗅ぐと香りの成分が信号に置き換えられ、脳へと伝えられます。すると快・不快などの情動に関わる大脳辺縁系という部分、さらに自律神経系をつかさどる視床下部へと信号が届きます。自律神経は心身のリラックスに関わるので、よい香りを嗅ぐと安らいだりするのは、このような嗅覚の伝達メカニズムによるものです。
また、40℃以下の少しぬるめのお湯に浸かるのも、緊張がほぐれてリラックスできます。このことから、お風呂で香りを楽しむと心身により良い効果が期待できるというわけです♪」(MAHOさん)

女子力UP、安眠...。用途別に香りをチョイス♪

バスタイムでの香りは、入浴剤はもちろんシャワージェルやボディソープ、キャンドルなどでも楽しめます。選べるアイテムが豊富なのも嬉しいですよね♪ それではMAHOさんがおすすめする香りを用途別にご紹介します!

デート前夜など、女子力アップを狙うなら、ローズの香り

「バラ風呂があるように、バラの香りは贅沢な気分になれるだけではなく、女性である喜びや、幸せを感じさせてくれます。デート前夜はもちろんのこと、頑張った自分へのご褒美として取り入れるのがおすすめです」(MAHOさん)

上質な睡眠へと導いてくれるバニラの香り

「スイーツのように甘く温もりのあるバニラは、残香性が高く、長時間その香りを楽しめます。バニラの香りに包まれたままベッドへ入ると、リラックスした状態で眠りにつくことができますよ!」(MAHOさん)

朝風呂派には、頭をクリアにしてくれるローズマリーの香り

「朝、お風呂に入る場合は、眠気すっきり&頭の中をシャキッとさせたいので、すっきりした香りのローズマリーがGOOD♪ 例えば、寝不足の朝にササッとシャワーを浴びたいときにもおすすめです。クリアな気持ちで出かけられますよ」(MAHOさん)

湯船に浸かるのがベストですが、シャワーだけでも自分に合った「香り」に包まれれば、よりリラックスしたバスタイムを過ごせますよ。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

お話を伺ったのは...
フレグランスアドバイザー MAHOさん
幼少からの香水好きが高じ、香りが心に届ける嗅覚感性や日本人が実践しやすい使い方を提案するため香水メーカーを経て独立。500種以上の香水と天然・合成香料が揃う「プライベート トワレ」ではクロスブランドの香水パーソナルコーディネートを行う。メンズ誌「サファリ」での香水コラム「同じブランドでも"香り"は大違い!」が好評連載中。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。