トレンド・ライフスタイル

「すずらんの日」に感謝の気持ちを花と一緒に伝えよう

「すずらんの日」に感謝の気持ちを花と一緒に伝えよう

  みなさん、花をプレゼントしたことはありますか? 送別会など会社の行事が多い、なんていう人も、「母の日」に贈ったことはあるのではないでしょうか。ふだんは照れくさくてなかなか言えない感謝の気持ちを、カーネーションが代弁してくれるような気がしますよね。

 お花は贈る側も贈られる側もハッピーな気分になれる、すてきなプレゼント。もっと気軽に花を贈る機会を増やしてみませんか。

 そこで、花との関係がまた深まりそうな、古くから伝わるフランスの文化を紹介します。フランスでは、5月1日は「すずらんの日」。家族や恋人など、大切な人たちにすずらんを贈る日なんです。すずらんの花言葉は「幸せの再来」。すずらんをもらうと幸せになれるという言い伝えがあるそうですよ。
 もともとヨーロッパのケルト人の間では、鈴なりの花がつく植物は、春のシンボルであり、幸せを呼ぶものと考えられていたそうです。

この記念日ができたきっかけは、16世紀にまでさかのぼります。すずらんのブーケを贈られたフランス王・シャルル6世はそれをたいへん気に入り、宮廷の女性に毎年すずらんを贈るようになったのだそうです。

 5月1日のフランスの街角には、すずらん売りが現れて、道行く人々はそこですずらんの小さなブーケを購入するそうです。

 幸せな気持ちも一緒にプレゼントできる「すずらんの日」、みなさんも今年から始めてみませんか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。