トレンド・ライフスタイル

窓辺につくる「緑のカーテン」で涼しく過ごそう

窓辺につくる「緑のカーテン」で涼しく過ごそう

  近年、この季節になると窓辺に「緑のカーテン」のための準備を見かけることが多くなりましたね。緑のカーテンは、つる性の植物をネットに絡ませて、カーテンやシェード風に仕立てたもの。

 この緑のカーテンは見た目に涼しげなだけでなく、夏の強い日ざしをさえぎってくれたり、植物が根から吸い上げた水分を葉から蒸散させることで周囲の気温を下げてくれたりするメリットがあります。

 また、緑のカーテンを通って運ばれる空気は、植物の光合成によって新鮮な酸素を含んでいるため、さわやかな気分になれます。

 緑のカーテンは自然のエアコンの役割を果たしてくれるので、節電対策にもなるんですね。

 緑のカーテンに適した植物は、ゴーヤやヘチマ、アサガオ、ツルムラサキなど。特にゴーヤは、料理にも使えるのでおすすめです。

 プランターに苗を植えるときは、20?30cmの間隔があけられる容量の大きなものを用意しましょう。野外や庭に設置するときは、地面に杭を打って支柱を立てたり、軒下やひさしに金具を取りつけて棹を通したりして、ネットを張ります。ベランダでは、床と天井につっぱり式のポールを立てると便利なようです。

 成長初期はつるをネットに結んでうまくからませ、いちばん太い茎の先端を2~3cmカットして、わき芽が伸びるのを促すことを繰り返します。

 詳しいつくり方は、園芸店などで相談してみるといいですね。初心者のために、苗や必要なものをセットで販売しているところもあるようです。

 苗の植えつけから緑のカーテンの完成までは約2ヶ月。今から育て始めれば盛夏に間に合うので、ぜひチャレンジしてみては?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。