トレンド・ライフスタイル

「会社飲み」は「安・近・短」でスマートに! 飲みニュケーションの実態

「会社飲み」は「安・近・短」でスマートに! 飲みニュケーションの実態

「飲みニケーション」という言葉がありますね。お酒を飲みながら、部下と上司がざっくばらんに仕事やプライベートの話をし、コミュニケーションをとること。“若者のアルコール離れ”などが指摘されるようになり、めっきり減ってきている印象がありますが、実際はどうなのでしょうか。

 インターネット調査のネオマーケティングが今年5月、20~30代の働く男女300名にアンケートを実施。職場関係の人と飲む「会社飲み」について聞きました。「会社の人と飲みに行くことが好き」かどうかを聞くと、「そう思う」「ややそう思う」の肯定派が過半数を占めることがわかりました。意外にも会社飲みは支持されているようです。

 ただ、上司と終電を気にすることなく、とことん膝を交えて話がしたいかというとそうではないよう。「“会社飲み”はできるだけ短時間で済ませたい」(73.6%)、「できれば1次会で帰りたい」(79.3%)、「できるだけお金をかけたくない」(89.3%)、「駅に近いなど、さっと帰れる場所で飲みたい」(89.7%)など、短時間でサクッと飲んで帰る“スマートな会社飲み”を求めていることがわかりました。

 調査対象のうち100人を占めた新入社員には、「会社の人から飲みに誘われたらうれしいか」も質問。すると、「うれしい」「まあうれしい」を合わせた“うれしい派”が76.0%という結果に。同時に彼らが、会社飲みで社内事情、先輩の新人時代の失敗談・成功談を聞きたいと思っていることがわかりました。さらに、仕事の愚痴は4人に1人が、プライベートの悩み事も約4割の人が聞きたいと思っていることが明らかに。

 あなたが先輩や上司の立場なら、「ちょっと飲みに行く?」と誘って、ダラダラと店に長居せず、スマートに飲むことが大事なようです。もう少し飲みたい、話したいなと思うところで切り上げて、「そろそろ帰ろうか」と声をかけるのが“いい先輩”なのかも。お酒の席での気取らない会話で、社内のコミュニケーションを今よりもっと深めてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。