トレンド・ライフスタイル

「痴漢対策」 被害に遭わないために! 電車内で危険な位置はどこ?

「痴漢対策」 被害に遭わないために! 電車内で危険な位置はどこ?

 満員電車に乗って、痴漢の被害に遭ってイヤな思いをしたという人は多いはず。警察庁が発表した2012年の都内における強制わいせつ事件の発生状況によると、強制わいせつ事件は路上や電車・バスなどの車両内など、「街頭」での発生が全体の約5割を占めているそうです。

 通勤・通学のため毎日利用している人も多い電車。混雑する車内では、とくに注意が必要な場所は以下の3ヶ所です。

●いちばん混雑するドア付近。混むところは、他人に容易に接触できるから。とくに、急行・快速など停車しない区間が長い場合は危険度大です。

●車両の端。被害者にとって逃げ場がなく、ほかの乗客の目が届きにくいから。

●大きな駅の改札口に行きやすい車両。痴漢にとって逃げ道がつくりやすいため。

 いちばん安全なのは、女性専用車両を利用することかもしれません。けれど、採用していない路線もあるし、途中駅で女性専用が終了してしまったり、必ずしも利用できるというわけではありませんよね。ラッシュ時に電車に乗るときはなるべく露出度の高い服装やボディのラインがはっきりと見えるような刺激的な服装は避け、車内ではカーディガンをはおるなど、隙を見せず被害対象にならない工夫も必要です。

 では、もしも痴漢にあった場合はどうすればいいのでしょうか?

「やめてください」と大きな声を出し、周囲の人に助けを求めるのが有効ですが、いざとなると恐怖心から何もできないこともあるでしょう。そのような場合に備えて、防犯ブザーを持ち歩いておくと心強いはず。バッグにぶらさげておくだけでも、防犯意識が高いことを周囲にアピールできます。防犯ブザーを持っていない場合は、携帯電話の着信音を鳴らして、相手を驚かすのも手です。

 痴漢はれっきとした犯罪。不愉快なだけでなく精神的なショックも大きく、後々までずっと続くもの。悪い人間には毅然とした態度で臨みたいものです。被害に遭わないためにも今回挙げた注意点をもう一度確認してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。