トレンド・ライフスタイル

読書の秋! 小さな図書館「マイクロ・ライブラリー」に出かけてみない?

読書の秋! 小さな図書館「マイクロ・ライブラリー」に出かけてみない?

 近年、公共図書館ではなく、個人の思いや力で立ち上げられた小さな図書館「マイクロ・ライブラリー」が日本各地に増えていて、本好きな人たちの間で静かなブームを呼んでいます。

 今年8月に「第1回マイクロ・ライブラリーサミット」が開催された大阪府立大学(大阪市浪速区)には、「まちライブラリー」が設置されています。ここは本を通じて人々が知り合える関係をつくることを目的にしているところ。同ライブラリー内の本棚は、利用者による寄贈や、開催されるイベントのテーマに沿って持参された本などで構成。そこに集う人たちによって育てられていることを実感するラインナップです。月に1~2度、「植本祭」というトークイベントなども開催されているので、参加してみては?

 東京都のあきる野市には、少女コミック専門の「少女まんが館」があります。全国の少女まんがファンから寄贈された約5万冊もの少女まんがや関連書籍、付録やグッズなどが運営者の自宅に保管され、週に1回、一般公開されています。子どもの頃に夢中になった懐かしの少女まんがに出会えるかもしれませんね。

 東日本大震災で津波の甚大な被害を受けた岩手県大槌町には、本を読む場所がなくなってしまった子どもたちのために、児童書を集めた「森の図書館」が誕生。森の図書館は、オーナーご夫妻が三陸海岸を望む丘に自分たちの田舎としてつくりはじめた「ベルガーディア鯨山」の一角にあります。イギリスのカントリーサイドをイメージして手づくりされた素敵な庭園には、ツリーハウスやカフェもあり、大人も癒される場所となっているそうです。

 長野県の小布施町には、2011年の「Library of the Year」に選ばれた小布施町立図書館「まちとしょテラソ」がありますが、2012年からは銀行やカフェ、個人宅などの小さなスペースに本棚を設置する「おぶせ まちじゅう図書館」が展開されています。

 読書の秋は、こうした個性豊かなマイクロ・ライブラリーを訪ねる旅も楽しそうですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。