トレンド・ライフスタイル

お気に入りの服に「毛玉」をつけない方法とは?

お気に入りの服に「毛玉」をつけない方法とは?

 ニットを着ていると、いつの間にか袖口やバッグがあたる場所に、毛玉ができていることがあります。毛玉ができるだけで、その洋服の魅力が半減した気分になりませんか? できることなら、毛玉は事前に防ぎたいものです。

 毛玉は買ってきたばかりのセーターではできませんよね? なぜなら毛玉は、生地の表面が摩擦などの影響を受けると、繊維の先端が毛羽となり、それらが束をつくり、からみ合ってできるものだからです。

 毛玉は、わきや袖の内側など、繊維同士や繊維がほかの物とこすれる箇所にできやすいもの。リュックサックやショルダーバッグなどがあたる、肩や腰の部分も要注意ですね。それでは、毛玉をできにくくするには、どのようにしたらいいのでしょうか。

 毛玉は、とくに起毛品やニットにできやすいので、着用後は洋服ブラシを使うなどして、ふだんから毛羽のからみを整えるお手入れが必要です。また、洗濯するときも、ネットを使ったり、裏返しての短時間洗いにしたり、ちょっとの工夫で毛玉の発生を軽減できるそう。

 それでも、毛玉ができてしまったときは、必ずはさみでていねいにカットしましょう。手でつまみ取ると、生地を傷めてしまうので注意。毛玉取り器も短時間で毛玉が取れて便利ですが、うっかり衣服までからめてしまい、大きな穴が開いてしまう危険性もあります。やはり、大切な服なら、はさみで慎重に取るのがおすすめです。

 日頃のお手入れで、お気に入りの洋服を毛玉から守りましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。