トレンド・ライフスタイル

専門店スタッフが教える「観葉植物」の上手な育て方

専門店スタッフが教える「観葉植物」の上手な育て方

 お部屋にグリーンがあると心が穏やかになる気がしませんか? 「手入れができなくなって枯らしてしまうのが嫌だから…」と敬遠してしまう人も多いかもしれませんが、観葉植物を育てるポイントを知っておけば、それほど難しいことではないようですよ。花と観葉植物などの専門店「REN」で鉢物を担当している金田和希さんに話をお聞きしました。

「観葉植物に必要なのは、やはり適度な環境と管理。植物をきちんと育てるには、日ごろから“気にかけてあげる”ことがいちばん大切です。とくに観葉植物をダメにしてしまう原因の多くが水のやりすぎ。水は、土の表面が渇いていたらあげるくらいで大丈夫です。忙しくても一週間に一度くらいは土の状態をチェックしましょう」

 もし万が一、水をあげすぎてしまった場合はどうすればいいのでしょう。

「そのときは、鉢皿に溜まった水を捨て、風通しのよいところできちんと乾燥させること。根腐れすることを防ぎましょう」

 また、部屋のどこに置くかを考えることも重要。「できるだけ日光が当たる風通しのよい窓辺に置くといいですね。ただ、直射日光が苦手なタイプの植物もあるので、詳しくは買うときに店のスタッフに聞いてみてください。また、冷房や暖房の風がダイレクトに当たると植物は弱ってしまうので、絶対に避けること。葉にはときどき霧吹きをすると害虫予防になります」(金田さん)。

 比較的丈夫で育てやすい観葉植物は、「パキラ」や「サンスベリア・ゼラニカ」などだそう。虫がつきにくく、ある程度の寒さになら耐えられるのでこれからの季節もおすすめです。最近注目されている「セレウス・ベルヴィアナス」というサボテンは、パソコンの電磁波を吸い取ってくれるとも言われています。癒しだけではない、プラスαの効果をもたらしてくれたらなおうれしいですね。

 お部屋のグリーンで心に安らぎを感じてみてはいかがですか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。