トレンド・ライフスタイル

「恋愛」「結婚」「仕事」…相談内容で違う「占い」の選び方

「恋愛」「結婚」「仕事」…相談内容で違う「占い」の選び方

 仕事や恋に悩んだとき、ふと占いをしてみようと思ったことはありませんか? 占いにはさまざまな種類がありますが、より的確なアドバイスをもらうためには、相談内容にあった占いを選ぶのがコツなのだとか。

 そこで、『占いに行ってきました! 開運マニアの“当たる占い師”体験記』などの著書があり、占いフリークとして知られるエッセイストの柏木珠希さんに、とくに気になる恋愛、結婚、仕事の相談に適した占いを教えていただきました。

 恋愛のうち、相性占いに適しているのが、空海が中国から持ち帰ったとされる「宿曜(しゅくよう)占星術」。戦国時代にはこの占いで、敵陣に相性の悪い側室を送り込んでいたと言われるほど、相性診断に力を発揮するそう。彼に告白するかどうかなど「Yes or No」を求める相談ならば「タロット」で。自分のモテ期や恋愛運を知りたいときは、「西洋占星術」「四柱推命(しちゅうすいめい)」「数秘(すうひ)術」「0(ゼロ)学」などがいいでしょう。

 結婚に関する相談は、宿曜占星術のベースになっている「インド占星術」がおすすめ。インドは離婚率が低いことで有名ですが、一説には、インドでは結婚前にインド占星術で相性をみてもらっているからと言われています。占う際には自分と相手の生まれた年月日と時間(分の単位まで)も必要になるので、事前に調べておきましょう。

 仕事に関する相談には「算命学」。中国では古くから国家統治や軍事に用いられてきた占いで、「何をするために生まれてきたのか(=天命)」がひとつのテーマとなっているので、自分の適職を知る手がかりになるはず。そのほか、適職や転職のタイミングを占うには「西洋占星術」「四柱推命」「数秘術」「0(ゼロ)学」などもいいそうです。

 柏木さんのおすすめを参考に、よりよいアドバイスがもらえそうな占いを選んでみて。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。