トレンド・ライフスタイル

「冬至」はゆず湯にかぼちゃで運気上昇 その理由は?

「冬至」はゆず湯にかぼちゃで運気上昇 その理由は?

 12月22日は二十四節気のひとつである「冬至」です。この日北半球では1年の中で最も太陽の高さが低くなるため、1年を通していちばん夜の時間が長く、昼の時間が短くなると言われています。

 冬至にはさまざまな言い伝えがありますが、そのうちのひとつが「ゆず湯」に入るという習慣です。冬至は日本や中国で「一陽来復(いちようらいふく)」の日と言われており、太陽の力が最も弱くなるこの日を境に、再び運気が上昇していくという考えがあります。そこで運を呼び込む前に身体を清め、厄払いをするために、香りの強いゆずを入れてお風呂に入るという習慣が生まれたのだそうです。また、「湯治(とうじ)」や「融通(ゆうずう)がきく」という言葉との語呂合わせであるとも。

 また、この日はかぼちゃを食べるという習慣もあります。ゆず湯と同様に、実はこれにも一陽来復の願いが込められているんです。冬至にはうどん(うんどん)、にんじん、だいこん、ぎんなんなどの「ん」が2つ付く食べ物を身体に入れて運気を上げようという「運盛り」の風習があると言われています。かぼちゃは漢字で書くと「南瓜(なんきん)」。つまりかぼちゃも運盛り食材のひとつだったのです。

 またかぼちゃに豊富に含まれるビタミンCは、くすみの原因であるメラニンの生成を抑制したり、薄くしたりする働きがあるとも。そこで、寒さが厳しくなる冬至の頃におすすめの、身体が温まる「かぼちゃのミルク煮」の作り方をご紹介しましょう。

 材料(2人分)は、かぼちゃ(200g)、ベーコン(1枚)、バター(小さじ2)、牛乳(200mL)、おろし生姜(小さじ1/2)、塩(少々)。

 まずかぼちゃは種とわたを取り、2cm角にカットしてベーコンは細切りにします。鍋にバターを溶かしたらベーコンを炒めます。かぼちゃを加えてさっと全体に火を通したら、牛乳とおろし生姜を加え強火で煮ましょう。煮立ったら弱火にして約15分煮込んで完成です。

 冬至にはかぼちゃとゆず湯で、運気と明るく透明感のある肌を手に入れてみませんか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。