トレンド・ライフスタイル

一番上に飾る「トップスター」の意味は? クリスマスツリーオーナメントの由来

一番上に飾る「トップスター」の意味は? クリスマスツリーオーナメントの由来

いよいよクリスマスがやってきますね。みなさんはもう自宅にクリスマスツリーを飾りましたか? 自分で飾りつけたものや、街中で見かける大きなツリーを見るとワクワク感が募りますよね。

 クリスマスツリーに使われるのは、モミの木をはじめとする常緑樹。厳しい冬でも葉を落とさないので「永遠の生命」の象徴とされています。ドイツでは「もみの木に宿る小人が村に幸せを運んでくれる」と信じられ、ツリーに飾りつけをするようになったのだとか。

 実は、ツリーに飾られるオーナメントにも一つひとつ意味が込められているんですよ。順番にご紹介しましょう。

 まずは、ツリーのいちばん上に飾られる「トップスター」。これは、キリストが生まれたときに空に鮮やかに輝いた「ベツレヘムの星」を表しています。聖書には、東方の博士がこのベツレヘムの星に導かれて、生まれたばかりのキリストのもとへたどり着いたという話があります。

「ベル」はキリストの誕生を知らせる祝いの鈴。「ヒイラギ」のトゲトゲとした葉はキリストが処刑されるときにかぶっていたイバラの冠を、赤い実はキリストが流した血を表わしているとされています。

 真ん丸の「玉」は、エデンの園でアダムとイヴが食べた「知識の樹の実」。アダムとイヴがエデンの園を追放されるきっかけになった、善悪の知識を得られる実です。

 こうして見てみると、聖書に書かれた内容が大きく関係しているんですね。

 そのほかにも、つえの形をした「キャンディ」は羊飼いが持っていたつえを表し、「迷える子羊たちを導く」(=困っている人がいたら手を差し伸べましょう)という意味が込められているのです。また、サンタクロースがプレゼントを入れてくれる「靴下」には、サンタクロースのモデルとされている聖ニコラスが貧しい家の子どもを助けるために窓から金貨を投げ入れたところ、部屋に干していた靴下に偶然入ったという逸話に由来しているそうです。

  今まではただなんとなく「きれい」と眺めていたクリスマスツリーが、ちょっと違って見えてきませんか? 今年も素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。